「ギアニュース」記事一覧

笹生優花も愛用するTHREEヘッドに本革グリップでより感覚的に打てる!?

ドライバーのヘッドスピード40m/sのアマチュアゴルファーでも、最新ギアを使いこなせるのか? ベストスコア「67」の元競技ゴルファーでロマン派ゴルフ作家の篠原嗣典が実際にコースに持ち込んで検証しました。 笹生優花が使っているのはこのパターです【WITB】 ◇【注目ポイント】オデッセイは、『TOUR BAG COLLECTION Ai-ONE MILLED THREE T S』を公式オンラインストアとCALLAWAY EXCLUSIVE 取扱店舗のみの数量限定で、2024年5...

フリー契約・大里桃子の3年ぶり3勝目を支えた軟鉄鍛造アイアン! その秘密はソールの削り方にあり?

「宮里藍 サントリーレディス」で3年ぶりにツアー3勝目を飾った大里桃子。彼女のクラブには興味深い工夫が隠されている。今回は、彼女が好んで使用するアイアンの詳細をレポートする。 大里桃子のアイアンとUTの打痕がすご過ぎた【写真】 大里が使用するアイアンは、『Mizuno Pro 243』。申ジエ(韓国)など、フリー契約の女子プロに人気のあるアスリートアイアンだ。大里は昨年終盤に試してすぐに気に入り、使い続けている。「...

グリップもシャフトもヘッドも“特別仕様”の『Ai-ONE MILLED SEVEN T DB』がカッコ良すぎる

ドライバーのヘッドスピード40m/sのアマチュアゴルファーでも、最新ギアを使いこなせるのか? ベストスコア「67」の元競技ゴルファーでロマン派ゴルフ作家の篠原嗣典が実際にコースに持ち込んで検証しました。 パターのフェース面で打感と音が変わる! 最新モデル9つの打感と打音をチェック ◇【注目ポイント】オデッセイは『TOUR BAG COLLECTION Ai-ONE MILLED SEVEN T DB』を2024年5月30日に発売しました。『TOUR BAG COLLEC...

未発表のテーラーメイド『P7CB』を3人の契約プロがテスト、反応が良かったのは誰?

昨日から国内男子ツアー会場でキャッチした、テーラーメイドの未発表アイアン『P7CB』。練習日の昨日はあいにくの天候だったが、プロアマ戦のこの日は、契約プロたちが朝から次々にテストを開始。 昔の『RACフォージドTP』に似てる?『P7CB』を接写!【画像】 同社のファンの一部から「2000年代の『RACフォージドTP』にバックフェースのデザインが似ている」「いや『RAC LT』にも似ている」などの声もあるこのアイアン、現代の...

フェースは真っすぐでも「ライ角」が合っていないと、球は曲がるしスイングも崩れる【クラブ選びの基礎】

今回は、ライ角の話です。ライ角とは、クラブを構えたときにできる地面とシャフトの角度。アマチュアゴルファーの中には、ライ角に関して無頓着な人が多いようですが、クラブ選びにおいては重要なポイントになります。特に、地面にあるボールを打つアイアンの場合、ライ角が合っているかどうかでショットの内容が大きく変わります。 最新アイアン35機種の性能をチェック! 最も分かりやすい例で言うと、ライ角がアップライト(...

米国テーラーメイドが、ツアー供給のみだった『4W』と『6W』を一般発売!

米国テーラーメイドがSNS投稿し、「ツアーからあなたのバッグへ。? かつてはツアー専用だった『Qi10』ドライバーの8度、『Qi10 Tour』の4番ウッドと6番ウッドが、現在はオンライン限定で販売されています」とアナウンス。「Tour Exclusives」なるオンライン限定アイテムで購入可能となっている。 『Qi10 Tour』の【4W】はこんなロフトの見え方!【画像】 そもそも日本では、セレクトフィットストア限定の『Qi10 Tour』フェアウ...

『ジェイルバード』人気炸裂から約1年、今年の「全米オープン」でもオデッセイがNo.1パターに

米国キャロウェイが、先週の「全米オープン」に関するツアーレポートを公開。「パインハーストでNo.1パター。オデッセイは今年すべてのメジャー大会でパターNo.1を獲得し、当社の『クロム』ゴルフボールは全米オープンで好成績を収め、チームキャロウェイもその仲間入りを果たしました」と、同社。 これが今年の『全米オープン』で一番人気だった『Ai-ONE Jailbird CRUISER』【画像】 思い返せば、約1年前の「全米オープン」で...

あなたの知らない『ウェッジの裏顔』とは? 最新23機種完全ガイド

今回の取材では最新ウェッジを大きく3タイプに分類した。基本的な特徴をまず押さえておきたい。ポイントとなるのは、『ウェッジの裏顔』とも言えるソール形状だ。 ウェッジの裏顔を暴く! 最新の23機種を完全解剖 【コントロールタイプ】フェースを開いてスピンや球の高さを打ち分けられるコントロールタイプ。寛容性は低いが、状況に応じて思い通りにテクニックが使えるアスリート向き。幅狭ソールでローバンスのため操作性に...

マキロイが4Iに入れていた『Pシリーズ PROTO』の製品版!? 未発表『P7CB』を国内男子ツアー会場でキャッチ!

今週の国内男子ツアーは「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品 2024」。大雨が降り続く中、その会場で、テーラーメイドの未発表アイアンをキャッチした。それが画像の『P7CB』と刻印されたモデルだが、このアイアンに見慣れた?ギア好きも多いはず。 これが未発表作『P7CB』の7番を、構えたときの“顔”だ!【画像】 そう、刻印は『PROTO』表記だったが、今年4月の「マスターズ」で同社の看板選手、ローリー・マキロイや...

なんじゃこれ!?  今季2勝目の岩井明愛の秘密兵器、3度フックフェースのドライバーとは?

前週の「ニチレイレディス」で今季2勝目、ツアー通算5勝目を果たした岩井明愛。彼女のセッティングには興味深い工夫が隠されている。その詳細をレポートする。 3度フックフェースのヘッドでドローを打つ岩井明愛のスイングとギアをチェック 圧倒的な飛距離を誇る彼女の使用ドライバーを見ると、カチャカチャの機能でヘッドは3度のフックフェースに設定されていた。一体どういうことだろうか? 岩井姉妹のクラブを扱うヨネック...

懐かしくも新しい、米国テーラーメイド『Qi10 LS デザイナーシリーズ』が美しい

米国テーラーメイドが『Qi10デザイナーシリーズ』の新作を公開し、その開発経緯を明かす。「私たちはQi10ドライバーラインをさらに進化させ、これらのドライバーが提供する数多くの技術的利点以上のものをゴルファーに提供したいと考えました。それが当社のデザインチームの最も優秀な人材が『Qi10デザイナーシリーズ』の開発に取り組んだ理由です」と、同社。 『BRNRミニ』と並べると、デザインも色も超絶マッチ!?【画像】 ...

タイトリスト『GT』、米国女子と米国男子下部ツアーにも供給開始!PGAツアー選手と好みが違う?

アクシネットジャパンインクから、タイトリスト『GT』シリーズのシーディング情報及び、「全米オープン」のツアーレポートが届いた。「パインハーストNo.2で行われた『第124回全米オープン』において『Pro V1xレフトダッシュ』を使用するブライソン・デシャンボーが、最終日2バーディ3ボギーの『71』でプレーし、通算6アンダーで2020年に続く大会2勝目を飾りました」と、同社。 タイトリスト総合契約の上位8人に『GT』投入者がえ...

ドライバーと3Wでフレックスを変える理由とは? 上田桃子の賢いセッティング術

ドライバーで振りやすいシャフトがあったとして、それをそのまま3番ウッドに装着しても良い結果は得られません。なぜなら、シャフト軸と重心の長さの違いで、しなり方が変わってしまうからです。 最新23機種のフェアウェイウッドの全貌! 飛距離、寛容性、操作性を徹底分析 スイング中、ヘッドに遠心力がかかると、重心はヘッドの先端に向かって動こうとします。シャフト軸から重心が遠くにあるほど、動こうとする力が強くなる...

スコッティ・キャメロンの新『ファントム』が5位から2位に! 売れ行き好調の理由は?【パター売り上げランキング】

パター部門ではオデッセイの『Ai-ONE トライビーム』が発売以来、7週連続で1位になっている。そして、今週2位になったのは4月に発売された『スコッティ・キャメロン ファントムシリーズ』。先週まで3週連続で5位だったが、2位まで順位を上げてきた。その人気についてPGAツアースーパーストア千葉浜野店の大野木翔さんに話を聞いた。 『ファントム5』『ファントム7』『ファントム9』『ファントム11』の顔を写真で比較し...

女子ツアー今季16戦で“勝ちまくり”のパターは、どのメーカーのどんな形?

今季の国内女子ツアー全37試合のうち今週16試合目と約1/3を消化した。今週は岩井明愛がテーラーメイド『Spider X カッパーホワイト スモールスラント』で今季2勝目を挙げたが、今季16戦で“勝った”パターがどんなものか振り返ってみよう。 岩井明愛の使用パター他、複数優勝した選手たちのパター【画像】 まず、メーカー別で見ると、【オデッセイ】が9勝(竹田麗央3/岩井千怜2/臼井麗香/天本ハルカ/小祝さくら/大里桃...

実は隠れたトップ3! ピンの「ブループリントS」が1本3万5000円でも品切れ続出、その秘密とは?【アイアン売り上げランキング】

アイアン部門では1位が「ゼクシオ」、2位が「Qi」、3位が「G430」になっているが、複数の店舗に聞くとトップ3を超える人気のアイアンがあるという。 PGAツアースーパーストア千葉浜野店の大野木翔さんに売れているアイアンの話を聞いた。 『ブループリント S』と『ブループリント T』と『Xフォージドスター』の顔を写真で比較すると…… 「今年のアイアンでよく売れているのはキャロウェイの『Xフォージドスター』とピンの『ブ...

実は隠れたトップ3! ピンの「ブループリントS」が1本3万5000円でも品切れ続出、その秘密とは?【アイアン売り上げランキング】

アイアン部門では1位が『ゼクシオ』、2位が『Qi』、3位が『G430』になっているが、複数の店舗に聞くとトップ3を超える人気のアイアンがあるという。PGAツアースーパーストア千葉浜野店の大野木翔さんに売れているアイアンの話を聞いた。 『ブループリント S』と『ブループリント T』と『Xフォージドスター』の顔を写真で比較すると…… 「今年のアイアンでよく売れているのはキャロウェイの『Xフォージドスター』とピンの『ブル...

1Wはキャリー300ヤード! 兼本貴司の53歳とは思えないウッド系2本、4Iなしのクラブセッティング

549ヤード設定の最終18番パー5。兼本貴司は残り253ヤードの2打目で中空構造の2番アイアンを振り抜き、2.5メートルにつけて値千金のイーグル締め。「一瞬強い球が出たから大きいかなと思ったけど、多分ワンピン手前に落ちて、ピンに当たって止まったんじゃないかな。当たらなかったら、コロコロ転がって奥まで行っている」と笑いながら振り返る。 若い選手でもいない!? 53歳・兼本貴司のウッド系2本のクラブセッティング 終盤の...

コリン・モリカワの逆パターン!? 契約フリーのセルヒオ・ガルシアは『Qi10 LS』?『Qi10 MAX』でFWキープ率UP

もうすぐ開幕する、今季の海外メジャー第3戦「全米オープン」。強者たちが調整に勤しむが、LIV勢のセルヒオ・ガルシア(スペイン)の使用ドライバーが興味深い。元々2017年末までテーラーメイド(以下、TM)契約だったガルシアだが、現在は契約を結ばずTMの【10K】、『Qi10 MAX』を使用する。 今季のガルシアは、パターもユニーク!スイス製のカーボンパター【画像】 ネリー・コルダがコレを使用して5連勝し、国内女子でも『Qi1...

女性の悩みを徹底的に考えた『B-LD』はいい意味でクセがない! 高弾道でぶっ飛ばせる!

ドライバーのヘッドスピード40m/sのアマチュアゴルファーでも、最新ギアを使いこなせるのか? ベストスコア「67」の元競技ゴルファーでロマン派ゴルフ作家の篠原嗣典が実際にコースに持ち込んで検証しました。 女性の「球が上がらない」悩みは解決できてる? 試打ラウンドの様子を動画で公開中 ◇【注目ポイント】ブリヂストンスポーツの『B-LD』は、2024年4月5日に発売。女性専用のフルラインナップは二代目になります。『B-L...