このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なのは良いイメージ “考えすぎると”ドツボにハマる【大西翔太の大展望】

52試合の“超ロング”シーズンとなった国内女子ツアーもいよいよ最終戦。今週は11月18日(木)から「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が行われる。賞金女王争い、メジャー制覇…様々な思いが交錯する戦いを制するのは誰なのか。青木瀬令奈のコーチを務める大西翔太氏が展望を語る。

____________________

■伸ばしどころ耐えどころがハッキリ

一年の総決算の舞台は宮崎カントリークラブ。毎年同じコースで開催されるメジャーだが、1年に3度しかないコーライグリーン、ティフトンだけでなくいろいろな芝質がまじわるグリーン周り、強い風…。これまで行われた3度のメジャーとはまた違う難しさとの戦いとなる。

大西氏は「1ホールごとに色がある。ミヤカンらしいホールバイホールなんです」という。「難しいホールと伸ばしたいホールがこんなに明確なコースも珍しいです。17番のようにハウスキャディさんですら風を読むのが難しいところ、18番のように2オンするのも難しく花道も使えない、パーを獲るのも大変なホールもあります、その一方で9番から12番が伸ばしどころとなります」と明確な戦略がものをいうコース。

また、「グリーンは気まぐれ」と続ける。「目がきつくてショートパットすら切れるから難しいんです。グリーン上で客観視できる人、頭のいい人が上位に来ると思います。ストロークうんぬんを考え出すとドツボにはまります」と“考えすぎないこと”も大事だとみている。

■女王争いの1人に最注目

活躍する選手の筆頭として挙げたのが稲見萌寧と賞金女王争いを繰り広げる古江彩佳。「優勝するチャンスは十分にあると思います。2年連続で2位になっていますし、いいイメージもある。パターで芯を食えるタイプで目の影響をそこまで受けないタイプです。球もそこまで高くないので風の影響を受けにくい」と根拠を挙げる。

こんな理由も良いポイントとした。「前回、鈴木愛さんが賞金女王となったときのキャディだった真さん(森本真祐氏)がキャディということも心強いと思います。コースから女王争いのプレッシャーまで隅から隅まで知っている。そういった心強いサポートもあると思いますよ」と話した。

■連覇だって、大会3勝目だってあります

次に挙げたのが去年のチャンピオン・原英莉花。「腰の状態は心配ですが、流れはすごくいいと思います。新しいギャップウェッジがハマっていることも飛ばし屋の原さんにとっては安心できる要素です」。コーライグリーンも良い方向に向くとみている。

「パターが私は…と言っていますが、目が強くいいパットをしても入らないことがあるグリーンはいい意味で開き直れると思います。18番でしっかり届く飛距離もありますし、去年のいいイメージでぶつかっていけると思いますよ」

いいイメージと言えば大会2勝の申ジエ(韓国)も優勝候補の1人。「賞金女王の可能性がなくなってから、ここに照準を合わせているように見えます。自分のリズムをブラさない人ですし、誰よりも自分を客観視できる人。ショット、アプローチのバリエーションがありますし、ここでの勝ち方を知っていますからね」と期待を寄せた。

解説・大西翔太(おおにし・しょうた)/1992年6月20日生まれ。名門・水城高校ゴルフ部出身。2015年より青木瀬令奈のキャディ兼コーチを務める。16年にはキャディを務める傍らPGAティーチングプロ会員の資格を取得した。ゴルフをメジャースポーツにと日夜情熱を燃やしている。21年には澁澤莉絵留ともコーチ契約を結んだ。プロゴルファーの大西葵は実の妹。YouTube『大西翔太GOLF TV』も好評で、著書『軽く振ってきれいに飛ばす!! 飛距離アップの正解』が発売中。

<ゴルフ情報ALBA.Net>