「ツアー」記事一覧

『TSR』がトップ3を独占! 前作超えはほぼ確定か!?【ドライバー売り上げランキング】

ドライバー部門では9月30日に発売された『TSRシリーズ』の3モデルが、トップ3を独占する驚異的なセールスを記録。店舗での人気ぶりについてヴィクトリア所沢店のゴルフ担当・遠藤知己さんに聞いた。 「発売前の予約段階で初回入荷分はほぼ完売してしまうくらい、予約が入りました。もちろん一番人気は『TSR2』ですが、今回は小型ヘッドの『TSR4』も一般店舗で販売されるようになったので予想以上に注文が入りました」 新シリーズ...

女子プロがカップを正面に見て素振りするのはなぜ?【藤田さいき&コーチに聞く】

山下美夢有や鈴木愛など、パットの上手い女子プロが、ボールの後方でカップを正面に見ながら素振りをしている姿をよく見かける。ボールに構えるのではなく、後方に立って行うことにどんな意味があるのだろうか? ゴルフ雑誌ALBA853号では、藤田さいきや臼井麗香を指導するティーチングプロの大本研太郎にその理由を聞いている。 まずは、正対素振りを実践している藤田に意見を聞こう。「ラインと平行に立って素振りしていた時期...

なんだかピンクを着ている人が多い? 米ツアーではよくある『●●デー』について【女子ツアーの“ヒトネタッ”!】

ゴルフのトーナメント会場は“ネタの宝庫”。ただ、そのすべてを伝えることはなかなか困難なこと…。そこで現場記者がコースを歩くなか“見た”、“聞いた”もののなかからちょっと気になった1つのテーマ、すなわち“ヒトネタ”をご紹介! 今回は「LPGAメディヒール選手権」が行われているカリフォルニア州のサティコイクラブから。 このあとアジアシリーズ2連戦を控えている米国女子ツアーは、今週の戦いを最後に一度米国を離れ...

P・マークセンが単独首位で決勝へ 谷口徹2位、宮本勝昌は3位【日本プロシニア】

<日本プロゴルフシニア選手権 2日目◇7日◇サミットゴルフクラブ(茨城県)◇7023ヤード・パー72> シニアプロ日本一決定戦は第2ラウンドが終了した。9月の「日本シニアオープン」を制したプラヤド・マークセン(タイ)が3バーディ・1ボギーの「70」をマーク。トータル6アンダー・単独首位で決勝ラウンドに進出した。 トータル4アンダー・2位に「66」をマークした谷口徹。トータル3アンダー・3位タイにはシニアルーキーの宮本勝...

5位浮上の清水大成、同世代Vにメラメラ「自分も早くしたい」 あすは爆発の予感?

<For The Players By The Players 2日目◇7日◇THE RAYSUM(群馬県)◇7137ヤード・パー71> 2、4番と序盤に2つのボギーでつまずいた清水大成だったが、6番からの3連続を含む5つのバーディで順調にポイント加算し、2日間トータル16ポイントを獲得。8位タイからトップとは5ポイント差の5位タイに浮上した。 ボギーが先に来た清水は「しょうもないミスでボギーにして、3パットもありましたし、ストレスの溜まるゴルフでした」とイ...

単独首位の今野大喜「ハンドファーストが強すぎた」アドレス修正でバーディ量産

<For The Players By The Players 2日目◇7日◇THE RAYSUM(群馬県)◇7137ヤード・パー71> 初日に8ポイントを獲得し、11位タイからスタートした25歳の今野大喜が、3つのボギーを打ちながらも8バーディを量産し、トータル21ポイントで単独首位に躍り出た。雨のなかでのラウンドとなったが、「雨はあまり得意ではないんですけど、長い距離でもグリーンが止まったので、安定して打てたのが要因ですかね」と振り返った。 8バーデ...

渋野日向子の日本2戦目は昨年“ミラクルV”大会 畑岡奈紗も参戦決定!

10月28日(金)から30日(日)の3日間にわたって埼玉県にある武蔵丘ゴルフコースで行われる国内女子ツアー「樋口久子 三菱電機レディス」のエントリーが締め切られ、昨年覇者の渋野日向子がエントリーした。 昨年大会で渋野は2打差で迎えた最終ホールでバーディを奪ってペ・ソンウ(韓国)に追いつくと18番パー5で行われたプレーオフの1ホール目にピンまで221ヤードからの2打目は「もう一生打てない(笑)」と左3メートルにピタリ...

34歳・比嘉拓也が悲願の初優勝 アマ中野麟太朗はプレーオフで散る

<石川遼 everyone PROJECT Challenge 最終日◇7日◇ロイヤルメドウゴルフ倶楽部(栃木県)◇7171ヤード・パー72> 国内男子下部のABEMAツアーは、最終ラウンドが終了した。トータル8アンダー・首位タイでホールアウトした34歳・比嘉拓也がアマチュアの中野麟太朗(早稲田大1年)をプレーオフ1ホール目で下し、悲願の初優勝を果たした。 敗れた中野はツアー史上8人目、今季4人目となるアマチュア優勝がかかっていたが、あと一歩...

かつて覚悟を決めた地で再び燃える 河本結が定めた“力の姉”から脱却する最低ライン

<スタンレーレディスホンダ 初日◇7日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6570ヤード・パー72> 米ツアーに挑戦します―。河本結が3年前にここ東名カントリークラブで宣言をしてから、状況は大きく変化した。 その言葉通り翌年に米ツアーへ参戦。「LPGAドライブ・オン選手権」で4位に入るなどしたが、米国地の地は水に合わず。21年の5月に米ツアーを撤退して日本へと戻ってきたが、シード権を喪失。いまはリランキング順位で出...

今野大喜が単独首位で週末へ 小林伸太郎2位、河本力は予選落ち

<For The Players By The Players 2日目◇7日◇THE RAYSUM(群馬県)◇7137ヤード・パー71> ポイント制のステーブルフォード方式(※)で行われている国内男子新規大会は、第2ラウンドが終了した。ツアー未勝利の25歳・今野大喜が8バーディ・3ボギーをマーク。トータル21ポイントの単独首位で決勝ラウンドにコマを進めた。 トータル20ポイントの2位に小林伸太郎。トータル17ポイントの3位タイに中西直人とハン・リー(米国)、...

ルーキー櫻井心那が今季4勝目に王手 西山ゆかりは3差2位

<かねひで美やらびオープン 2日目◇7日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(沖縄県)◇6543ヤード・パー72> 国内女子下部のステップ・アップ・ツアーは、第2ラウンドが終了した。1打差で出た18歳ルーキーの櫻井心那(ここな)が1イーグル・2バーディ・ボギーなしの「68」をマーク。トータル10アンダー・単独首位に浮上し、今季4勝目に王手をかけた。 トータル7アンダー・2位に40歳の西山ゆかり。トータル6アンダー・3位にルーキー...

シード復帰へ正念場 横峯さくらが意識する「普通の選手は気にしなくてもできること」

<スタンレーレディスホンダ 初日◇7日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6570ヤード・パー72> 永久シード獲得を目指し、今季から本格的に国内ツアーに復帰した横峯さくら。ここまでQT、第1回のリランキングの権利で出場してきたが、第2回のリランキングは33位にとどまった。出場人数が限られる秋の試合は限定的な状況下でシーズン終盤戦へと入ってきた。 それだけに、ここからは出られる1試合1試合が勝負となる。そんななか出...

神谷そらが首位通過 吉田優利の妹・鈴、植竹希望の妹・愛海も最終へ【JLPGAプロテスト第2次予選 A地区】

<JLPGAプロテスト第2次予選 A地区 最終日◇7日◇静ヒルズカントリークラブ (茨城県)◇6380ヤード・パー72> 茨城県の静ヒルズカントリークラブで行われた第2次予選A地区は全日程が終了。トータル8アンダーの神谷そらが首位通過を果たした。 2打差の2位に大須賀望、3打差の3位に鶴瀬華月、4打差の4位には吉田優利の妹・鈴が入った。 レギュラーツアー1勝の植竹希望の妹・愛海はトータル1アンダーの7位タイ、米ツアーの予選会にも...

「間違っている」 LIVゴルフの世界ランキングpt加算見送りにMENAツアーが反論

現地時間6日、ドバイを拠点として中東や北アフリカでツアーを開催している「MENAツアー」と提携し、世界ランキングポイント獲得を目指した「LIVゴルフ」に対し、これから予定されている2試合では世界ランキングポイント獲得とはならないと発表したオフィシャル・ワールド・ゴルフ・ランキング(OWGR)。それを受けてMENAツアーのコミッショナーであるデビッド・スペンサー氏が声明を発表した。 ステートメントではこれまでMENAツ...

国内女子の第1Rは悪天候で翌日順延 工藤遥加が暫定首位

<スタンレーレディスホンダ 初日◇7日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6570ヤード・パー72> 午後0時2分から中断となっていた国内女子ツアーの第1ラウンドは、悪天候によるコースコンディション不良のため、午後1時30分にサスペンデッドが決定。翌朝7時30分から再開が予定されている。 あす8日(土)は第1ラウンドと第2ラウンドを並行して行い、同日中の競技完了を目指す。組み合わせの変更はされない。 4アンダー・暫定首位...

<中間速報>今野大喜が単独首位 河本力は予選カットライン上

<For The Players By The Players 2日目◇7日◇THE RAYSUM(群馬県)◇7137ヤード・パー71> ポイント制のステーブルフォード方式(※)で行われている国内男子新規大会は、第2ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、今野大喜がトータル19ポイントの単独首位に立っている。 2ポイント差の2位に清水大成。3ポイント差の3位タイには織田信亮、小林伸太郎が続いている。 2週連続優勝を狙うルーキー・河本力は16ホール消化...

<中間速報>西山ゆかりが首位キープ ルーキー櫻井心那は1差追走

<かねひで美やらびオープン 2日目◇7日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(沖縄県)◇6543ヤード・パー72> 国内女子下部のステップ・アップ・ツアーは、第2ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、40歳の西山ゆかりが1つ伸ばし、トータル8アンダー・単独首位をキープしている。 1打差2位にルーキーの櫻井心那。3打差3位に同じく新人の仁井優花、4打差4位タイには松田鈴英、石川怜奈、武尾咲希が続いている。 2週連続優勝...

<速報>国内女子は悪天候で競技中断 工藤遥加が単独首位、2差に吉田優利ら

<スタンレーレディスホンダ 初日◇7日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6570ヤード・パー72> 強い雨の中で行われている国内女子ツアーの第1ラウンド。グリーンコンディション不良のため、午後0時2分から競技が中断されている。 4アンダー・単独首位に工藤遥加。2打差2位タイに吉田優利、上田桃子、横峯さくら、藤田さいきが続いている。 2020年大会覇者の稲見萌寧は1アンダー・6位タイ。2週連続優勝を狙う勝みなみはイーブン...

OWGRがステートメント発表 LIVゴルフの世界ランキングポイント獲得は見送り

ドバイを拠点として中東や北アフリカでツアーを開催している「MENAツアー」と提携し、世界ランキングポイント獲得を目指した「LIVゴルフ」。だが、オフィシャル・ワールド・ゴルフ・ランキング(OWGR)は6日、公式コメントを発表し、これから予定されている2試合では世界ランキングポイント獲得とはならないことを発表した。 同オフィシャルサイトに掲載された公式ステートメントは、 「OWGRは10月5日、英国時間の午後1時05分、ME...

馬場咲希、東京都代表で国体初出場! 「70」で個人戦4差3位タイ、団体戦3差4位発進【とちぎ国体】

第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」ゴルフ競技会が10月6〜7日の日程で開催中。成年男子、女子、少年男子の3部門にわかれ、いずれも都道府県ごとに3選手が出場。2日間36ホールストロークプレーで争う個人戦と、チーム全員の合計スコアで争う団体戦が行われる。 塩原カントリークラブで行われている女子の部は、初日の競技が終了。東京都代表として初出場の馬場咲希(代々木高2年)が「70」で回り、首位と4打差の2アンダー...