「ツアー」記事一覧

“カコイチ”の悔しさは眠り姫の睡眠をも妨げる 松田鈴英は「まだ切り替えられていない」

<大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇13日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)> 単独首位から出た先週の「伊藤園レディス」最終日。いきなり3連続ボギーが来るも粘りを見せて、終盤まで上位勢に食らいついた。だが、最後は力尽きてまたしても初優勝を逃した松田鈴英は、「まだ切り替えられていない」と話す。 今回の悔しさを“カコイチ(過去一番)”と表現した松田。「(同じく優勝争いをした)マ...

松山英樹は“横綱” 約7年ぶりラウンドの嘉数光倫が怪物のすごさを語る

<ダンロップフェニックストーナメント 事前情報◇13日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)> 先週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で約1年ぶりに日本でのプレーを披露した松山英樹だったが、結果は46位タイと、不本意な成績に終わった。 スライサー必見!松山英樹の正確ショットの秘密は“視線”にあった【連続写真】 今週は過去6回出場で優勝1回、2位2回、5度のトップ10を誇り相性抜群の「ダンロ...

石川遼は「ドライバーにとらわれすぎない」 ロフト12度のブラッシー投入も

<ダンロップフェニックストーナメント 事前情報◇13日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)> 石川遼が復調に向けてある決断を下す可能性が出てきた。これまでこだわってきたドライバー中心のコース攻略を変更する考えを示唆した。 【写真】世界1位のB・ケプカが宮崎入り 調子のほどは? あさって開幕する「ダンロップフェニックス」を前に、練習ラウンドを行った石川。「いろんなプレースタイルでも...

欠場視野から一転ウェイティング→出場へ 安田彩乃、逆転シードのカギは身近なところに?

<大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇13日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)> 1カ月前には、今大会の出場権が降りてこようとも、欠場して翌週のサードQTに備えようかとも思っていた。だが、4週前の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」で3位に入り、賞金ランキングが83位から53位と上がったことで状況が一変。その後、賞金ランク54位で本大会を迎えた安田彩乃は、ウェイティングとして現地に...

わずか1打差リードの終盤でもピンを攻め続けた黄アルム 今季3勝、その強さの要因に迫る【辻にぃ見聞】

先週の「伊藤園レディス」は、黄アルム(韓国)が順位変動の激しい3日間を終始安定したゴルフで乗り切り、今季3勝目(通算4勝目)を挙げた。今年7月の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で9年ぶりの優勝後、立て続けに2つの勝利を重ねた要因を上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が語った。 【写真】女優・中谷美紀さんとカップを掲げる黄アルム ■バックスピンで戻り過ぎるグリーンに多くの選手が苦戦 今大会の会場と...

川村昌弘は19位 D・ギャビンスが首位再浮上【欧州ツアーQT 3日目】

<欧州ツアーファイナルQT 3日目◇12日◇ルミネGC レイクスコース(6317ヤード・パー71)、ヒルズコース(6975ヤード・パー72)> 来季の出場権をかけて争われる「欧州ツアーファイナルQT」の3日目が終了。スペインのルミネGC・レイクスコース、ヒルズコースの2会場にて6日間108ホールの長丁場で行われ、セカンドQTなどを通過した156人が参加している。 松山英樹、世界1位のケプカが宮崎入り 練習の模様を生配信【LIVEフォト】 ...

松山英樹と石川遼の同組対決実現 これまでの対戦成績は?

<ダンロップフェニックストーナメント 事前情報◇13日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)> 松山英樹と石川遼が宮崎の地で2日間をともにラウンドすることが決定した。ブルックス・ケプカ(米国)の3連覇がかかる「ダンロップフェニックス」で、日本が誇るスター2人が予選ラウンドで競演する。 松山と石川が同組で回るのは2016年の「日本オープン」予選ラウンド以来となる。アダム・スコット(オース...

舞台は再び米国へ 全米オープン覇者が優勝予想ランキング1位

<RSMクラシック 事前情報◇13日◇シー・アイランド・リゾート シーサイドゴルフコース(7005ヤード・パー70)> 米国男子ツアーは先週のメキシコから再び米国へ。今週はジョージア州のシー・アイランド・リゾート シーサイドゴルフコースを舞台に、「RSMクラシック」が現地時間15日(木)に開幕する。 松山英樹、世界1位のケプカが宮崎入り 練習現場を生配信中【LIVEフォト】 米PGAツアー公式サイトでは優勝予想ランキングが発...

ツアー初Vのガビー・ロペスがトップ100入り 畑岡奈紗は6位浮上【女子世界ランキング】

11月12日付けの女子世界ランキングが発表され、先週の米国女子ツアー「ブルー・ベイLPGA」でツアー初優勝をを挙げた“メキシコ美女”ガビー・ロペスが45人抜きとなる91位に浮上。世界トップ100入りを果たしている。 日本勢最上位の畑岡奈紗は1ランクアップの6位。世界1位は変わらずアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、2位以下もパク・ソンヒョン、ユ・ソヨン、インビー・パーク(いずれも韓国)、ミンジー・リー(オ―ストラリア)...

松山英樹は石川遼、星野陸也と同組 世界1位のB・ケプカは3連覇に挑む

<ダンロップフェニックストーナメント 事前情報◇13日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)> 今季も残すところ3試合となった国内男子ツアー。今週は宮崎県のフェニックスカントリークラブに舞台を移し、「ダンロップフェニックス」が15日(木)から4日間の日程で開催される。開幕に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。 【写真】現地で調整するブルックス・ケプカ 尾崎将司以来となる史上2...

賞金レース、シード争いクライマックス 逆転女王に挑む申ジエは鈴木愛&河本結と同組

<大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇13日◇エリエールゴルフクラブ松山・愛媛県(6525ヤード・パー72)> 今季も残り2戦となった国内女子ツアー。今週は愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山を舞台に「大王製紙エリエールレディス」が15日(木)から4日間の日程で開催される。開幕に先立ち、初日の組み合わせが発表された。 賞金ランキング2位で昨年覇者の申ジエ(韓国)は、昨季賞金女王の鈴木愛、2018年ステップ・...

新装コースで分かれた明暗 プレースタイルがはまった額賀辰徳、苦戦した松山英樹と石川遼【ツアーの深層】

今年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」は、ツアー屈指の飛ばし屋・額賀辰徳のツアー初優勝で幕を閉じた。本大会会場の太平洋クラブ御殿場コースは、世界の名門コースを手がけてきたリース・ジョーンズ氏を改修責任者に迎え、全面改修が行われた。本大会に2年ぶりに参戦した松山英樹も監修に加わり、2ホールがパー5からパー4になったり、バンカーが見直されたりと、よりハザードが効いた戦略性の求められる新コースとして生まれ...

ゴルフ場に現れた“黄金の茶室” 競技とのギャップがある催しが大会の個性を生み出す?【記者の目】

都会の喧騒を離れてホッと一息。そんな癒しの空間が、今年も「伊藤園レディス」の会場に登場した。それが、クラブハウス2階に特設された『茶室』だ。大会を主催した伊藤園のロングセラー商品といえば『お〜いお茶』。そんな同社の冠がついた大会らしい催しに、ギャラリーの長蛇の列ができていた。 【写真】女優・中谷美紀さんとカップを掲げる黄アルム 「お点前(おてまえ)体験できますよー」。そんな呼び声に誘われ中をのぞくと...

シード争いはついに最終戦 当落線上にいる選手は?【シード争い動向】

「伊藤園レディス」が終了し、残すところ2試合となった国内女子ツアー。来週の最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に出場できる選手は、今季ツアー優勝者、賞金ランキング25位以上などに限られるため、今週15日(木)に開幕する「大王製紙エリエールレディス」(愛媛県、エリエールゴルフクラブ松山)が事実上のシード決定戦となる。 2012年から賞金総額が増額し続けている国内女子ツアー。今年のシード権獲得ラ...

昨年覇者・申ジエが逆転女王に挑む し烈なシード争いは最終章へ

<大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇12日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)> 今年最後の3日間大会「伊藤園レディス」が終了。国内女子ツアーは残すところ2試合となったが、今週は愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山を舞台に、「大王製紙エリエールレディス」が15日(木)から4日間の日程で開催される。 タイの夕日に照らされて… イ・ボミの私服姿をあらゆる角度から【写真館】 ツアーもクライ...

【記者の目】レベルは上げて、敷居は下げて 新規ファン獲得のための地道な一歩

今年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」は、成功に終わったといえるだろう。大会期間中の来場者は、昨年比で7398人プラスの21285人。試合ごとに販売されるオリジナルグッズのピンフラッグは、土曜日の朝8時過ぎの段階で1000枚が完売した。 【写真】練習場でも松山フィーバー! もちろん、その一番の要因は約1年ぶりに国内ツアーに参戦した松山英樹の存在。松山の姿を一目見ようと大勢のファンが集まった。その“松山フィーバー...

B・ケプカが世界1位に返り咲き 松山英樹は23位変わらず【男子世界ランキング】

11月12日付けの男子世界ランキングが発表され、昨季メジャー2勝のブルックス・ケプカ(米国)が2週ぶりに世界ランク1位へ返り咲いている。 【写真】息子2人と初優勝を喜ぶ額賀辰徳 1位に立っていたジャスティン・ローズ(イングランド)はわずか1週で2位に後退。3位からはダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス、ブライソン・デシャンボー(いずれも米国)と続いている。 米国男子ツアー「マヤコバゴルフクラシック」で...

【勝者のギア】黄アルム、充実のオノフは不変で今季3勝「操りやすさ重視なので」

<伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇11日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)> 1打差の2位からスタートした黄アルム(韓国)が、トータル13アンダーまでスコアを伸ばし、今季3勝目(自身通算4勝目)。終始安定して見えたが、内心は緊張との戦いで「今週は少しも優勝できる自信はなかった」。最終日は他選手の追走や失速などで、激しく順位が入れ替わる“荒れた1日”。そんな中でも、「1打1打に集...

川村昌弘は「69」で浮上 D・ボルダが単独トップ【欧州ツアーQT 2日目】

<欧州ツアーファイナルQT 2日目◇11日◇ルミネGC レイクスコース(6317ヤード・パー71)、ヒルズコース(6975ヤード・パー72)> 来季の出場権をかけて争われる「欧州ツアーファイナルQT」の2日目が終了。スペインのルミネGC・レイクスコース、ヒルズコースの2会場にて6日間108ホールの長丁場で行われ、セカンドQTなどを通過した156人が参加している。 日本ツアー賞金ランク上位者(8月末時点)の資格で出場している川村昌弘は...

【勝者のギア】額賀辰徳、PINGなら飛距離はやはり武器「フェースを長く使って“適当に”」が奏功

<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇11日◇太平洋クラブ御殿場コース・静岡県(7,262ヤード・パー70)> 今季13人目の初優勝者が誕生した。プロ転向から13年、額賀辰徳が苦節の時期を経て悲願の初勝利。ツアー出場は本大会で166試合目で、プロ転向後はなかなかツアーで成績を残せず、下部ツアーのチャレンジツアーが主戦場に。今季はチャレンジツアー賞金ランク上位の資格でツアー前半戦に参戦するも、予選落ちが続くなど後...