「国内女子」記事一覧

鈴木愛が2度目のパット女王戴冠 光る“黄金世代”2人の躍進【2018年スタッツ振り返り】

今年も様々なことが起こった国内女子ツアー。2018年シーズンをスタッツを見ながら振り返っていきたい。 グリーンの女王・鈴木愛 巧みなパッティングを連続写真で パーオンホールでの平均パット数部門では、「1.7414」を記録した鈴木愛が2年ぶり2度目の女王戴冠。ツアー本格参戦となった2014年から1度も同部門トップ10を外したことのないパット巧者が、今年も持ち味を十分に発揮した。また、平均ストローク、平均バーディ数、パー...

新人戦優勝をジャンボに報告した原英莉花 返ってきた言葉は「レギュラーでは?」

今年は春先からステップ・アップ・ツアーで2勝、プロテストにも合格しレギュラーツアーでも賞金ランキング38位に入った原英莉花が、クラブ契約を結ぶミズノの新製品発表会に出席。クラブのPRを行うと同時に、今シーズンの「ミズノ・スタッフ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。 スーツを着ると敏腕秘書っぽい? 原英莉花の特選フォト インターネット上で行われたファン投票により選ばれたスタッフ1位の座。「世界に通用する素質の...

ミズノの新製品発表会に契約プロ7人が集結!原英莉花は「自信が持てたクラブ」

14日(金)、千葉県内にてミズノの新製品発表会見が開催。手嶋多一、小林正則、武藤俊憲、小鯛竜也、川岸史果、野澤真央、原英莉花の7人の契約プロが詰めかけ華やかな会となった。 【関連写真】スーツ姿でお勉強中の原英莉花 今回発表となったのはこれまでプロトタイプとして情報が公開されていなかった『Mizuno Pro MODEL-E』と『Mizuno Pro MODEL-S』。先週行われた「LPGA新人戦 加賀電子カップ」で原英莉花が優勝したときに使...

シンプルゆえの美しさ アマが真似したい菊地絵理香のピッチエンドラン【女子プロの匠】

上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が、女子プロの中でも特に“うまい!”と思う選手のプレーをピックアップし解説する「女子プロの匠」。今回は菊地絵理香のアプローチをチョイス。 アマチュア必見 菊地絵理香の美しき“寄せ”【連続写真】 菊地は今季未勝利ながらも約7500万円を獲得。この数字は未勝利で稼いだ額としては、2010年の馬場ゆかり、15年の上田桃子、14年のイ・ナリ(韓国)、原江里菜に次ぐ歴代5番目。優...

パーオン率はトップ10が7人入れ替わる大波乱 若きショットメーカーの台頭が目立つ【2018年記録&スタッツ振り返り】

今年も様々なことが起こった国内女子ツアー。2018年シーズンを記録とスタッツを見ながら振り返っていきたい。【パーオン率編】 【写真】松田鈴英と小祝さくらがドレスアップしてさらに2ショット! パーオン率【(総パーオンホール数÷総ホール数)×100】の1位に輝いたのは、史上初となるメジャー年間3勝の偉業を成し遂げた申ジエ(韓国)。昨年の5位から順位を大きく上げるとともに、71.73%から75.3358%と約4%も上昇。ショッ...

大江香織が選んだのは…優勝争いの場面よりも「しびれた」バーディパット【最終戦出場者が選ぶ“今年の一打”】

「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」を終え、幕を閉じた今季の国内女子ツアー。今シーズン優勝者、賞金ランク25位以上など精鋭のみが出場できる大会の狭き門をくぐって出場した選手たちに、“今シーズン一番印象に残っている一打”を挙げてもらった。今回は、9月の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」でツアー3勝目を挙げた大江香織。 大江香織がドレスを着ると…【女子プロ写真館】 今季、2016年の「Tポイントレ...

ツアー初優勝者が2人誕生!新世代の台頭を感じた1カ月【2018年女子ツアー振り返り〜4月編】

2018年も多くのドラマが生まれた国内女子ツアー。今となっては忘れている大会、1打はありませんか?ひと月ごとの優勝コメントとともにプレーバック!今回は4月を振り返ります。 今年もアン・シネがそのセクシーウェアでツアーを盛り上げた!【女子プロ写真館】 開幕からの4試合で、優勝者はイ・ミニョン、アン・ソンジュ(ともに韓国)、鈴木愛、フェービー・ヤオ(台湾)と海外勢が強さを発揮した3月。日本勢の奮起が期待される...

上位安定感のバロメーター 小祝さくらがトップ10回数でルーキー最多【2018年スタッツ振り返り】

今年も様々なことが起こった国内女子ツアー。2018年シーズンを記録とスタッツを見ながら振り返っていきたい。【年間トップ10回数編】 ドレスを着るとすっかりオトナ? 小祝さくらの特選フォト 常に優勝争いに顔を出すイメージの選手といえば、やはり賞金ランキング上位の選手。年間トップ10回数で1位に輝いたのは、比嘉真美子で18回。2位が申ジエ(韓国)の17回、3位がアン・ソンジュ(韓国)で16回と続いた。 15回の4位には賞金...

鈴木愛が日本勢9年ぶりの平均ストローク1位 トップ10は5人入れ替わり【2018年スタッツ振り返り】

今年も様々なことが起こった国内女子ツアー。2018年シーズンを記録とスタッツを見ながら振り返っていきたい。【平均ストローク編】 今年の平均ストローク【(ストローク数×72÷コース所定パー)÷ラウンド数】部門では、「70.1052」を記録した鈴木愛が自身初の1位を戴冠。2016年にイ・ボミ(韓国)がマークした「70.0922」に次ぐ歴代2位で、09年の横峯さくら以来、9年ぶりに日本勢がこの部門のトップに立った。 前半戦では11戦...

年間メジャー3勝でも届かなかった賞金女王 アン・ソンジュと申ジエを分けた差はどこにある?【2018年記録&スタッツ振り返り】

今年も様々なことが起こった国内女子ツアー。2018年シーズンを記録とスタッツを見ながら振り返っていきたい。【年間獲得賞金編】 【スイング動画】日本一はソンジュ 世界一のスイングを動画で 年間獲得賞金は5勝を挙げて約1億8000万円稼いだアン・ソンジュ(韓国)が1位に。4度目となる女王の座に輝いた。ソンジュは序盤から順調に賞金を加算すると、国内では2番目の高額賞金額を誇る10月の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディー...

ベテランが地元を沸かせた開幕戦 初月から賞金女王候補が続々勝利【2018年女子ツアー振り返り〜3月編〜】

2018年も多くのドラマが生まれた国内女子ツアー。今となっては忘れている大会、1打はありませんか?ひと月ごとの優勝コメントとともにプレーバック!今回は3月を振り返ります。 ようやく寒さが落ち着き、花も色づき始めた3月に、今季ツアー初戦となる「ダイキンオーキッドレディス」が開幕。春の訪れを告げる大会では、地元・沖縄出身の諸見里しのぶがファンを魅了した。 初日から好プレーを見せて2打差の5位タイ発進を決めると...

フルスインガーが“メモリアル”と選んだコントロールショット【最終戦出場者が選ぶ“今年の一打”】

「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」を終え、幕を閉じた今季の国内女子ツアー。今シーズン優勝者、賞金ランク25位以上など精鋭のみが出場できる大会の狭き門をくぐって出場した選手たちに、“今シーズン一番印象に残っている一打”を挙げてもらった。今回は、「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で日本ツアー参戦4年目にして初優勝を挙げたペ・ヒギョン(韓国)。 韓国の“二大セクシークイーン”が三浦桃香とスリー...

賞金女王は逃しても… メルセデス・ランキングは獲る!気合を込めた申ジエが有終の美で年間最優秀賞【2018年記録&スタッツ振り返り】

今年も様々なことが起こった国内女子ツアー。2018年シーズンを記録とスタッツを見ながら振り返っていきたい。【メルセデス・ランキング編】 【写真】新旧セクシークイーン達はセミナーで大変 もっとも総合的に活躍した選手に与えられるのがメルセデス・ランキング1位に与えられる年間最優秀賞。今季は、国内女子ツアー初の同一年度公式戦3勝を達成した申ジエ(韓国)が見事に輝いた。 賞金女王の座は、年間5勝を果たしたアン・ソ...

勝みなみ&新垣比菜、メダリストによるメンタルの講義は「ためになった!」

昨年に続き2度目となる新人・TP単年登録者合同セミナーに参加した勝みなみは、ためになった講義を聞かれ「メンタルの講義ですね!」と即答した。 真剣なまなざしでメイクをする小祝さくら【フォトギャラリー】 ソウルオリンピックシンクロデュエット銅メダリストで、現在はメンタルトレーニング上級指導士の田中ウルヴェ京氏の講義は勉強になることがいっぱいだったという。「私も今季メンタルの先生のところに行ったり、やりとり...

小祝さくらはバラ色のオフにワクワクも…「その後は過酷です(笑)」

昨年に続き新人・TP単年登録者合同セミナーに参加している小祝さくら。「去年はなかったメンタルの講義が今年はあって、考え方が少し変わりました。勉強になりました」と普段とは違う研鑽の時を過ごしている。 この研修の後はいくつかの仕事をこなしたあと、タイへと飛び日本とタイの対抗戦「アマタフレンドシップカップ」に出場予定の小祝。そこまでで決まっている予定は終わり、年末年始は地元・北海道で過ごす予定だ。2日に帰...

新人戦優勝の原英莉花 横峯さくらからの祝辞に「すごくうれしかった」

今季のプロテストに合格、そして6日、7日に行われた「LPGA新人戦 加賀電子カップ」で優勝した原英莉花が新人・TP単年登録者合同セミナーに参加。「新人戦を終えてすぐセミナーだったので、余韻に浸る暇もありませんでした(笑)」とバタバタの中、研修を受けている。 今季ツアー優勝を挙げた大里桃子、ステップ・アップ・ツアー賞金女王の河本結、昨季から2年連続で賞金シードを獲得した三ヶ島かなら、多士済々の90期生の頂点に...

アン・シネはクリスマスの質問にため息 「日韓行き来してそんな時間はありません…」

「LPGAの一会員として、また女子プロスポーツ選手としての心構えを身に付けること」を目的に10日(月)から4日間(単年登録者は3日間)の日程で日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)の新人・TP単年登録者合同セミナーが行われ、アン・シネ(韓国)も参加した。 “2大”セクシー・クイーンが共演!? 合同セミナーのフォトギャラリー 全てのカリキュラムを終えて、「とても役立つ内容でした。プロゴルファーとしての魅力を兼ね備え...

三浦桃香、アイドルは年内で卒業!「ゴルフに集中したい」 クリスマスから来年へ始動

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の新人・TP単年登録者合同セミナーに参加した三浦桃香。勉強になったのはもちろん、「今年は可愛い人が多かったですね。いっぱい2ショットの写真を撮らせてもらいました」と充実した3日間を過ごした。 かわいさアイドル並み? 三浦桃香の特選フォト【写真館】 自他共に認める「可愛い子好き」の三浦。この日も“次世代セクシークイーン”の呼び声高いユ・ヒョンジュ(韓国)と写真を撮るなど楽し...

パー3でもパー5でも何でもござれ 永峰咲希のUTはまさに“レスキュー”!【私の推薦するギア】

今季のツアー優勝者に“優勝に貢献した”ギア、“さらなる可能性を感じる”ギアを語ってもらう『私の推薦するギア』。今回は「フジサンケイレディス」で初優勝を挙げた永峰咲希が使用するUT『テーラーメイド M4 レスキュー』を紹介。 3U、5U、6UとUTを3本バッグに入れるセッティングの永峰。この3本、いずれも同じモデルを使用している。「M4は座りがいいですよね。構えた感じがいい!」という見た目に加えて、「球がしっかり上...

LPGA新人・単年登録者合同セミナーが開催 メイクアップやメディア対応を学ぶ

「LPGAの一会員として、また女子プロスポーツ選手としての心構えを身に付けること」を目的に10日(月)から4日間(単年登録者は3日間)の日程で、日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)の新人・TP単年登録者合同セミナーが行われている。 真剣な面持ちでメイクする小祝さくら【写真】 1996年より毎年実施されているこのセミナーの受講対象者は2017年、18年度の入会者、またTP単年登録者。講義内容は交通セミナーやメディア対応、ソ...