「国内女子」記事一覧

実を結んだトミーイズム 惜敗後の山下美夢有に送られた中嶋常幸の教え

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 悲願の初優勝に涙を浮かべた山下美夢有。そこに込められたのは大切な人たちへの思いだった。「ここまで来ることができたのはたくさんの方々に支えられて、応援していただけたから。そういった気持ちがこみ上げてきました」と感謝が大粒の涙となって流れた。両親、地元の人々、グリーン脇で優勝を見守ってくれた仲間…。そし...

小祝さくらは21年3勝目ならず 流れに乗れない1週間に「実力がまだまだ」

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 最後までグリーン上に悩まされた1週間だった。4打差の8位タイから首位を追いかけた小祝さくらは、スコアを3つ伸ばしたものの優勝には届かず。トータル9アンダー・2位タイで3日間を終えた。 「納得いかないパットが多くて、それに悩まされた1週間でした」と唇をかんだ小祝。2日目には2メートルを3パットしてダブルボギーを叩...

20歳・古江彩佳が今季獲得賞金1億円を突破 「賞金女王になるには目指さないといけない」

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> トップとの1打差を追いかけ2位からスタートした古江彩佳だったが、最終日は「72」とスコアを伸ばせずトータル9アンダー・2位タイで3日間を終えた。優勝した山下美夢有に5打差をつけられての敗戦には、「悔しい」という言葉ももらした。 昨年は3勝を挙げたものの、今年に入ってショットに乱れが出たこともあり、ここまでイン...

300万円→1800万円に! 山下美夢有が大会新&史上2番目タイの低身長V

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 歴代大会でも屈指の伸ばしあいとなった今年の「KKT杯バンテリンレディス」。天候は晴れたが気温は上がらず、5.7メートルの強い風が吹く戦いを制したのは19歳の山下美夢有だった。 まさに独壇場だった。首位と2打差の4位タイからスタートした山下は、出だしの2番でフェアウェイバンカーからピン横4メートルにつけてバーディを...

地元アマ竹田麗央は風に苦しみ4位終戦 「強風と最終日に伸ばすことが課題」

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 2日目を終えて首位と2打差の4位タイ。史上8人目のアマチュア優勝を目指しスタートした地元・熊本出身の竹田麗央(りお、熊本国府高3年)だったが、最後は7打差をつけられての4位タイに終わった。 「(風で)セカンドの距離感がなかなか合わなかった。パーも拾えないホールがあって、悔しいですね」。前半の3番で先にボギーが...

19歳・山下美夢有が涙のツアー初V 大会新14アンダー「本当に優勝できるなんて…」

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 首位と2打差の4位タイからスタートしたプロ2年目の19歳・山下美夢有が、大会新記録となるトータル14アンダーまで伸ばし、2位に5打差をつける圧勝でツアー初優勝をつかんだ。 「しっかりと風を計算して、獲れるところを獲って、ボギーを打たないようにしたい」。そう意気込んで臨んだ最終ラウンドは、まさに山下の独壇場とな...

19歳・山下美夢有が5差圧勝でツアー初V 小祝さくら、古江彩佳2位

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディス」は最終ラウンドが終了した。首位と2打差でスタートした19歳・山下美夢有が7バーディ・1ボギーの「66」をマーク。後続と5打差をつける圧勝でツアー初優勝を果たした。 トータル9アンダー・2位タイに小祝さくらと古江彩佳が入った。 元賞金女王・平瀬真由美を叔母に持つ高校3年生・...

<中間速報>19歳・山下美夢有が単独首位 古江彩佳3差、小祝さくら4差

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディス」は最終ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、ツアー初優勝がかかる19歳・山下美夢有が4つ伸ばし、トータル12アンダー・単独首位を走っている。 3打差2位タイにプラチナ世代の古江彩佳と吉田優利。4打差4位タイには賞金ランキング1位の小祝さくら、地元・熊本出身の笠り...

<速報>国内女子は全選手がスタート! 首位に初優勝狙う高橋彩華、山下美夢有が並ぶ展開

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 午前7時30分にスタートした最終ラウンドの競技は、先ほど午前9時30分に最終組がコースに飛び出した。 2日目を終えトータル10アンダーの高橋彩華が単独トップ。1打差で古江彩佳、吉田優利のプラチナ世代2人が続き、この3人が最終日最終組を形成する。すでに1番ホールで高橋、古江が、2番ホールで吉田がボギーを叩いており、優...

比率は“プラチナ2:黄金1” 平均21歳…今週も若い最終組が実現!【きょうの注目組】

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> “火の国決戦”は2日目を終え、初優勝を狙う黄金世代の高橋彩華がトータル10アンダーのトップに立った。それを1打差で追うのが古江彩佳、吉田優利のプラチナ世代2人。今大会も平均年齢21.0歳の若い最終日最終組となった。 トップの高橋は、今年ここまでの6試合で3位が2度。黄金世代10人目の優勝者に最も近い選手といえる。「...

ボール1つぶんの劇的変化 昨季よりも2打縮めて3戦2勝【稲見萌寧 強さの秘密】

2021年6試合で3勝と無類の強さを誇っている稲見萌寧。その圧倒的な強さはどこからくるのか。2週連続優勝を挙げた翌日もきついトレーニングを行っているということで、早速千葉市内に飛んだ。 目下絶好調の稲見が「去年といちばん違う部分」と語ったのが体力だ。そしてもう1つ、ゴルフ面として挙げたのがショートゲームの精度。なかでもパッティングの向上は欠かせなかった。 修正を加えたのは「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメン...

小祝さくらはグリーン上苦戦で8位後退 4打差で迎える最終日に「攻めるしかない」

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇17日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 朝から降り続いた雨も正午前には上がり、暖かい春らしい陽気となったこの日。風も弱く、熊本空港CCとしては珍しい柔らかく止まるグリーンにスタートの遅い選手たちの多くが伸ばしたが、小祝さくらは2アンダー止まり。首位と4打差のトータル6アンダー・8位タイに後退した。 「パターが本当に近くじゃないと入らないという感じ...

三浦桃香が番組で“ツアー引退”を告白  今後は「どういう形でもゴルフには関わりたい」

17日にBS-TBSで放送された「裸のアスリートII」で、三浦桃香のツアー撤退が明らかになった。12日には自身のインスタグラムで「体調が万全にならない」ことを理由に、5月から始まる2020年度の第2次プロテスト受験見送りを発表したばかりだが、紫外線アレルギーを理由にツアー復帰も断念することになった。 同番組では、18年3月に途中棄権した「ヤマハレディースオープン葛城」後に紫外線アレルギーが判明したという経緯や、その後...

誕生日を自ら祝う7バーディ 21歳・吉田優利が初Vへ1打差2位浮上

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇17日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> きょう4月17日が21回目の誕生日となる吉田優利が躍動した。13番からの3連続など7バーディを奪って、ボギーは1つ。プロ転向後のベストスコアとなる「66」を叩き出し、トータル9アンダー、首位と1打差の2位タイに浮上した。 持ち前の修正力が光った。1つ伸ばして迎えた9番のティショットは、「テークバックのときから嫌な予感が...

賞金女王のめい・竹田麗央がレコードタイ! 史上8人目アマVへ2打差

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇17日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 2014年大会を制した勝みなみ以来、再び熊本でアマチュア覇者が誕生するのか。熊本出身の高校3年生・竹田麗央(りお、熊本国府高)が2日目に7バーディ・ノーボギーの「65」とトーナメントコースレコードタイのスコアをマーク。トータル8アンダー・4位タイまで順位を上げ、首位と2打差につけた。 「朝の練習からショットもパッ...

高橋彩華がツアー初優勝に王手 アマ竹田麗央は大会コース記録タイ「65」でV争いへ

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇17日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディス」は第2ラウンドが終了した。ツアー初優勝を狙う黄金世代の高橋彩華が「66」をマーク。トータル10アンダー・単独首位で最終日を迎える。 トータル9アンダー・2位タイに本日21歳の誕生日を迎えた吉田優利、今季3勝の古江彩佳が続いた。 賞金女王2度戴冠の平瀬真由美を叔母に持つアマ・...

やっぱりモネが来た! カットラインからレコードで3週連続V圏内へ

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇17日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> やはりこの選手が上位に来た。初日1オーバー・45位タイと出遅れた稲見萌寧だったが、2日目にトーナメントコースレコードタイの「65」を叩き出した。これでトータル6アンダーまで伸ばし、一気に上位戦線に飛び込んできた。 前日まで「グリーンにすら乗らなかった」というショットがだいぶ戻ってきた。出だしの10番で、残り129...

<中間速報>沖せいらが単独首位 2差に小祝さくら、アマ竹田麗央ら

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇17日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディス」は第2ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、沖せいらがトータル8アンダー・単独首位に立っている。 1打差2位に19歳の山下美夢有。2打差3位タイには今年2勝の小祝さくら、賞金女王2度戴冠の平瀬真由美を叔母に持つ竹田麗央(りお、熊本国府高3年)、地元・熊本出身の笠り...

<速報>笹生優花と同期の山下美夢有ら最終組がスタート 地元の笠りつ子が5年ぶりVへ1差発進

<KKT杯バンテリンレディスオープン 2日目◇17日◇熊本空港CC(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 米国女子ツアーの「ロッテ選手権」では推薦出場の19歳・笹生優花が、いい位置で決勝ラウンドを戦っているが、国内女子ツアーでも若手が奮闘している。 熊本での初日に5アンダーで首位タイに立ったのは、東北福祉大で松山英樹の1学年下の沖せいらと、すでにツアー4勝を挙げている古江彩佳、そして笹生と同じ19歳の山下美夢有だ。とも...

好調な黄金世代2人の“勢い”に、地元出身の実力者が真っ向勝負!【きょうの注目組】

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇17日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72> 地元・熊本出身の実力者と、好調な黄金世代の2人が上位でともに回る。初日を4アンダー・2位タイで終えた笠りつ子、小祝さくら、高橋彩華が最終組の1組前からスタートする。 今季3勝、うち2勝が今年の優勝と絶好調の小祝は、熊本でもその実力を発揮。現在の賞金ランク1位の名に恥じない安定感をここでも見せつけている。2日目...