「ステップ・アップ・ツアー」記事一覧

急逝した恩人に捧げる5年ぶりVならず…  小橋絵利子が2位に涙「父以上の父」

<フンドーキンレディース 最終日◇15日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> トータル5アンダーで優勝した小野祐夢に2打差の2位タイ。最後まで優勝争いを繰り広げた小橋絵利子は、ラウンドを終えると涙を流した。ただ悔しいだけではない。所属先のRSK山陽放送・桑田茂社長が4月9日に68歳で急逝。その恩返しの気持ちを胸に戦ったが、あと一歩届かなかった。 桑田氏は自分を高校時代から応援してくれた、小橋に...

「あれで少し光が見えた」 プロ2勝目へ小野祐夢が乗り越えた“試練のパーパット”

<フンドーキンレディース 最終日◇15日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 2020年の最終戦「カストロールレディース」から、ステップ・アップ・ツアー3戦2勝。23歳の小野祐夢(ひろむ)が2位に2打差をつけるトータル5アンダーで優勝し、賞金360万円を手にした。 2打のリードを持つトップで、最終日のバックナインに入った。昨年大会では3日間でバーディわずかに2つ。7つのボギーと1つのダブルボギーを叩いた...

小野祐夢が逃げ切りでステップ2勝目 小橋絵利子、リ・ハナ2位

<フンドーキンレディース 最終日◇15日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 2021年のステップ・アップ・ツアー2戦目は、最終ラウンドが終了した。後続と2打差の単独首位で出た小野祐夢が3バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「72」で回り、トータル5アンダーで逃げ切り優勝。昨年の最終戦「カストロールレディース」に続くステップ2勝目を果たした。 トータル3アンダー・2位タイには昨年覇者のリ・ハナ(韓国...

<中間速報>小野祐夢が単独首位キープ 2打差に小橋絵利子

<フンドーキンレディース 最終日◇15日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 2021年のステップ・アップ・ツアー2戦目は、最終ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、ツアー2勝目を狙う小野祐夢がトータル5アンダー・単独首位をキープしている。 2打差2位に小橋絵利子。3打差3位タイに昨年覇者のリ・ハナ(韓国)、小倉ひまわり、小滝水音、アマチュアの永嶋花音(ながしま・はなね)が続いている。 レ...

最終日は“先行逃げ切り” 小野祐夢、2勝目に自信「去年とは違う」【ステップ2日目コメント集】

<フンドーキンレディス 2日目◇14日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 初日とは打って変わって強風が吹き荒れた第2ラウンドだが、小野祐夢は落ち着いていた。「(予選落ちした)去年は、ティショットのミスがアイアンショットにまで影響していたけど、今年はその反省を生かしています。ショットでミスしても気持ちの落差がなくなりましたね」と、メンタル面の進化が「67」の好スコアにつながった。 2位と...

小野祐夢がステップ2勝目に王手 アマ永嶋花音2位、服部真夕6位

<フンドーキンレディース 2日目◇14日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 2021年のステップ・アップ・ツアー2戦目は、第2ラウンドが終了した。小野祐夢が7バーディ・2ボギーの「67」をマークし、トータル5アンダー・単独首位に浮上。昨年の「カストロールレディース」に続くステップ2勝目に王手をかけた。 トータル3アンダー・2位タイに昨年覇者のリ・ハナ(韓国)、アマチュアの永嶋花音(ながしま・はなね...

<中間速報>小野祐夢が単独首位浮上 2打差にアマ永嶋花音

<フンドーキンレディース 2日目◇14日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 2021年のステップ・アップ・ツアー2戦目は、第2ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、小野祐夢がトータル5アンダー・単独首位に浮上している。 1打差2位に石川明日香。2打差3位タイには小川陽子、小橋絵利子、アマチュアの永嶋花音(ながしま・はなね)が続いている。 レギュラーツアー通算5勝の服部真夕はトータル2アンダ...

前回覇者は好発進も「良くも悪くもなく」 アマチュア2人も2位で追走【ステップ初日コメント集】

<フンドーキンレディース 初日◇13日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 前回大会覇者の19歳が、好相性ぶりを見せつけた。今季2勝を挙げ現在ステップ・アップ・ツアーの賞金ランク1位につけるリ・ハナ(韓国)が、首位と1打差の2アンダー・2位タイで滑り出した。 初のディフェンディングチャンピオンとして迎える大会。「クラブハウス内にも私のポスターが貼っていてうれしいです」とプレー前から、気持ちは...

左打ちアプローチもすっかり板に 服部真夕に復活の兆し「一番上に名前があるのはうれしい」

<フンドーキンレディース 初日◇13日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> レギュラーツアー5勝を誇る服部真夕が、4バーディ・1ボギーの好ラウンドで3アンダーの単独トップ発進を決めた。2015年「CAT Ladies」以来となる“6年ぶり”の優勝に向け、充実の1日を過ごした。 「(3番で)ボギーが先に来たけど、その後すぐにバーディが獲れた。パー5で3個のバーディが良かったですね」。悪くなりかけた流れを、すぐ...

“レギュラー5勝”服部真夕が単独首位発進 前回覇者リ・ハナやアマ2人ら1打差追走

<フンドーキンレディース 初日◇13日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 2021年のステップ・アップ・ツアー2戦目は、第1ラウンドが終了。レギュラーツアー5勝を誇る服部真夕が、3アンダーで単独トップに立った。 1打差の2位タイに前回大会優勝のリ・ハナ(韓国)、小橋絵利子のほか、永嶋花音、小暮千広のアマチュア選手2人が続いている。1アンダー・6位タイは川満陽香理、城間絵梨、小川陽子ら11人。イーブ...

<速報>三宅百佳、小川陽子、アマ永嶋花音がトップで後半へ 江澤亜弥、小野祐夢ら1打差

<フンドーキンレディース 初日◇13日◇臼杵カントリークラブ(大分県)◇6358ヤード・パー72> 2021年のステップ・アップ・ツアー2戦目は、現在初日の競技が進行中。先ほど全選手がハーフターンした。 ここまでを終え3アンダーのトップに立つのは三宅百佳、小川陽子と、アマチュアの永嶋花音。1打差に坂下莉翔子、江澤亜弥、小野祐夢、照山亜寿美と、こちらもアマチュアの小暮千広が続いている。 前回優勝のリ・ハナ(韓国)は、今...

レギュラーで好調の宮田成華が後藤未有らと同組 前年Vのリ・ハナは初戦Vの佐藤靖子らとプレー

<フンドーキンレディース 初日◇13日◇臼杵カントリークラブ(大分県) ◇ 6358ヤード、パー72> 2021年のステップ・アップ・ツアー2戦目となる3日間大会が、きょう開幕。ここに119名の選手が出場する。 今季のレギュラーツアーでトップ5に2度入る活躍をみせる宮田成華は、“プラチナ世代”の後藤未有、ステップ4勝の上原美希、アマチュアの永嶋花音との組でプレー。午前10時14分に1番ティからスタートする。 このほか、前年度優勝...

大分開催のステップ・アップ・ツアー「フンドーキンレディース」が有観客で開催

国内女子の下部ツアー、ステップ・アップ・ツアーが有観客で開催されることが主催の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)と共催のフンドーキン醤油株式会社から発表された。 ステップ21年初戦は42歳の佐藤靖子が制覇!【写真】 観客を入れて開催されるのは4月13日から3日間の日程で行われる「フンドーキンレディース」。大分県の臼杵カントリークラブがギャラリーでにぎわうことになりそうだ。 入場は各日500名に限定され、観戦エリア...

今年も初優勝に一歩届かず… 山本景子が1打差惜敗「次は打ち勝ちたい」

<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇24日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6309ヤード・パー72> 初優勝を目指し単独トップからスタートした27歳のプロ6年目・山本景子は、プレーオフに進んだ2人に1打及ばず。トータル3アンダー・3位タイで2日間の大会を終えた。 ステップ・アップ・ツアー 佐藤靖子こん身のガッツポーズ【大会フォト】 昨年8月に行われた前回大会に続く優勝争い。そして、その時と同じ...

葛城育ちの2人によるプレーオフ 惜敗の森岡紋加が先輩の初優勝を祝福「おめでとうございます」

<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇24日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6309ヤード・パー72> プレーオフで敗れ2位に終わったトータル4アンダーの森岡紋加は、同じ静岡県の葛城ゴルフ倶楽部でともに練習をしてきた先輩・佐藤靖子の初優勝を「おめでとうございます」と祝福した。 初日を終え、首位と2打差の3位につけ初優勝を目指すラウンドに臨んだ。10番パー4では、3打目のアプローチが6メートルほ...

「ママでも勝てると伝えられたことがうれしい」 プロ22年目・佐藤靖子が愛娘に捧げる初優勝

<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇24日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6309ヤード・パー72> 2021年のステップ・アップ・ツアー初戦をプレーオフのすえ制したのは、42歳の“ママさんゴルファー”佐藤靖子だった。プロ転向から22年目の初優勝。表彰式では言葉をつまらせながら優勝スピーチを行い、トロフィーを手にした時には思わず「これが22年の重みですね」とつぶやいた。 トータル4アンダーで並...

42歳・佐藤靖子がプロ22年目で初優勝 藤田光里14位、堀琴音26位

<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇24日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6309ヤード・パー72> 国内女子下部にあたるステップ・アップ・ツアー2021年初戦の最終ラウンドが終了した。ともにトータル4アンダー・首位でホールアウトした佐藤靖子と森岡紋加によるプレーオフ(18番パー5繰り返し)は、1ホール目にバーディを奪った佐藤に軍配。42歳、プロ22年目のベテランが悲願の初優勝を果たした。 敗れ...

<速報>森岡紋加、佐藤靖子が首位でホールアウト ステップ21年初戦はPO決着へ

<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇24日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6309ヤード・パー72> 国内女子下部にあたるステップ・アップ・ツアー2021年初戦の最終ラウンド。森岡紋加と佐藤靖子がトータル4アンダー・首位タイでホールアウトし、優勝の行方はプレーオフ(18番パー5繰り返し)へと持ち込まれている。 30歳の森岡はプロ初優勝がかかる。対する42歳のベテラン・佐藤もプロ22年目の初勝利を狙...

<中間速報>山本景子ら3人が首位並走 藤田光里4差、堀琴音5差

<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 最終日◇24日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6309ヤード・パー72> 国内女子下部にあたるステップ・アップ・ツアー2021年初戦は、最終ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、山本景子、宮崎乙実、森岡紋加がトータル3アンダー・首位を並走している。 1打差4位タイに倉田珠里亜、鈴木麻綾、新武瑠衣、佐藤靖子が続いている。 藤田光里はトータル1オーバー・18位タ...

愛娘の言葉が励み 佐藤靖子が“プロ22年目の初優勝”へ好発進

<ラシンク・ニンジニア/RKBレディース 初日◇23日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)◇6309ヤード・パー72> 「ママのことを一番応援しているからね」。42歳の“ママさんゴルファー”佐藤靖子は、その言葉を励みにツアーを戦っている。そして2021年のステップ・アップ・ツアー開幕戦の初日に、首位と1打差の3アンダー・2位と好位置につけた。 「プライベートも含めて、今年の初アンダーでした」。ラウンドを終えた佐...