「国内男子」記事一覧

『マン振り』ではなく『マン踏み』 片山晋呉がたどり着いたスイングの『正解』【片山晋呉 特別インタビュー】

2008年「日本オープン」で史上7人目となる永久シードに達した片山晋呉。現在ツアー通算31勝、今年で47歳を迎えるベテランは衰え知らずで、1997年から賞金シードを守り続けている。 優勝からは2017年の「ISPSハンダマッチプレー選手権」を最後に遠ざかっているが、様々な練習法や器具を使って理想のスイングを追い求め続け、平均飛距離も順調にアップ。2019年の1年間を費やして取り組んだ新スイングは『踏む』ことがポイントだと...

成績は度外視のスイング改造 なぜそこまでやり続けるのか【片山晋呉 特別インタビュー】

2008年「日本オープン」で史上7人目となる永久シードに達した片山晋呉。現在ツアー通算31勝、今年で47歳を迎えたベテランは衰え知らずで、1997年から賞金シードを守り続けている。 しかし、優勝からは2017年の「ISPSハンダマッチプレー選手権」を最後に遠ざかっている。「50歳で勝つこと」を目指し、様々な練習法や器具を使って理想のスイングを追い求め、平均飛距離は順調にアップ。2019年も新スイングに取り組む姿が見られたが...

シンハン・ドンヘ・オープン、初の日本開催が決定 奈良県のKOMAカントリークラブで9月10日開幕

今年9月10〜13日に行われる国内男子ツアーで、韓国ツアー、アジアンツアーとの共同大会となる「シンハン・ドンヘ・オープン」の日本開催が、3日(月)にアジアンツアー、日本ゴルフツアー機構(JGTO)から発表された。昨年12月に行われた日程発表の時点で開催地未定となっていた大会は、奈良県のKOMAカントリークラブを舞台に初の日本開催が決定した。 昨年不出場も今年は出る?石川遼のドライバースイング連続写真 同コースはゲ...

“真意”はどこに…? ジャンボ尾崎はシーズン開幕へ「モチベーションが上がらない」 ジュニア育成には強い熱意

2月1日(土)、千葉県のゴルフ練習場、アコーディア・ガーデン千葉北で「ジャンボ尾崎ジュニアレッスン会 supported by ISPS」が行われた。ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーのセレクションも兼ねたレッスン会には、32人のジュニア選手が参加。ジャンボこと尾崎将司のほか、尾崎健夫、原英莉花ら9人のプロが、手とり足とりの指導にあたった。 昨年は原英莉花と公の場で初の2ショット【写真】 この会の終了後にはジャンボが報道陣の取...

虎さんのラッキーナンバー『6867』って? 贈呈式で久々の来日

“虎さん”でおなじみの崔虎星(チェ・ホソン 韓国)が、久々に日本にやってきた。30日(木)に株式会社ヤナセ メルセデス・ベンツ東京芝浦を訪問。昨年優勝した「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の副賞である、メルセデスベンツ車の贈呈式に登場した。 車を満足げに眺めていると、ナンバープレートを指さして「ラッキーナンバーです」とニヤリ。『68-67』はHEIWA-で優勝した際の週末のスコアで、3日目に「68」をマークして3位タイから...

期待の新会長・時松隆光にジャンクSPORTSからお祝い

23日に行われたジャパンゴルフツアー選手会の理事会で、2020年の新選手会長に選任された時松隆光。決定直後は「実感がなくて、不安しかありません」とこぼしていたが、この日はチャリティ寄贈式に出席し、選手会長としての初仕事をこなした。 理事会のメンバー入りも今年が初めてながら、前会長の石川遼から大役を引き継いだ。「遼さんから代わって、試合数が減ってしまうといけない。増やすことも目標であり、今年25試合やってい...

時松隆光が選手会長として初仕事 チャリティ寄贈式に出席

29日(水)、都内で行われたチャリティ寄贈式に2020年の新選手会長に選ばれた時松隆光が出席。ジャパンゴルフツアー選手会と日本ゴルフツアー機構から、公益財団法人高松宮妃癌研究基金へチャリティ金として80万円が贈られた。 この取り組みは1994年から毎年行われている。チャリティ金は、2019年に行われたチャリティオークションや、各大会会場でのグッズ販売の売上金の一部などから集められ、同基金への寄付金の総額は1億8189...

時松隆光は選手会長に向いてる? 師匠の篠塚武久氏に聞いてみた

日本男子ツアーの選手会が都内で理事会を開き、新選手会長に時松隆光が選ばれた。副会長には、石川遼、池田勇太(留任)、小鯛竜也の3人が就任した。 理事会が終わって開口一番、時松は「実感がなくて不安しかありません」。ツアー通算3勝と実績は十分とはいえ、26歳の若者が選手会の約200人の顔となったのだから、それも無理はない。実際、時松は選手会長に向いているのか? 時松が小学生の頃から指導し、彼の代名詞であるテン...

殿堂入りした海老原清治に代わり青木”アニキ”が挨拶!?

1月23日の日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者の記者発表会では、レジェンド部門、プレーヤー部門、特別賞が発表された。松井功(日本プロゴルフ殿堂理事長)、青木功副理事長(日本ゴルフツアー機構会長)、倉本昌弘(日本プロゴルフ協会会長)、小林浩美(日本女子プロゴルフ協会会長)が出席し、参加者が縁のある受賞者についてエピソードを語った。 男子プレーヤー部門に選ばれた海老原清治については親交の深い青木がその役を担い...

「そのままの源蔵で会長を」石川遼は時松隆光にバトンタッチ 自身は新設のPR担当へ

23日(木)にジャパンゴルフツアー選手会の理事会が行われた。2年間選手会長としての任を全うした石川遼が、今年から新理事に加わった時松隆光に会長の役を譲ることとなった。 理事会後に時松と並んで記者の前に現れると、「一番信頼できる後輩。源蔵(時松)は一人で連れてこられるファンの数も多いですし、そういう選手になることがすごく大事。支えてあげるところは支えていきたい」とバトンを渡した。昨年はテレビのバラエテ...

男子ツアー新選手会長に時松隆光が就任 石川遼は副会長

ジャパンゴルフツアー選手会は23日、都内にて第1回理事会を開き、2020年の理事を発表。新選手会長に時松隆光が就任した。 26歳でツアー通算3勝の時松は歴代15人目の選手会長就任。前会長の石川遼は2年の任期を終えて、今年からは副会長として新選手会長を支える。 副会長は新理事メンバーの小鯛竜也、石川、池田勇太が担当。時松、小鯛のほか、中西直人、星野陸也、スンス・ハン(米国)らが新たに理事会メンバー入りとなった。 ...

吉田優利らがBSメンバー入り ふたまわり以上年下の“同僚”に宮本勝昌は…?

都内で行われたブリヂストンゴルフの新作ボール発表会に、同社契約の宮本勝昌、宮里優作、堀川未来夢、渡邉彩香が登場。加えて、昨年初優勝を果たし、新たに契約選手となった稲見萌寧と2000年生まれの“プラチナ世代”吉田優利が登壇した。 「今年は五輪に出ることが目標。今年からボールを使わせてもらうので、一緒に応援してもらえたらと思います」と稲見が話せば、「チームブリヂストンとして、これからプロとして一層活躍でき...

宮里優作が新ボールを絶賛 あまりの良さに「欧州で欲しかったな…」

22日(水)、都内でブリヂストンゴルフの新製品発表会が行われた。新ボールの『TOUR B X/XS』がお披露目となり、同社契約プロの宮里優作ら6人が登場してピーアール。“初速で「飛ばす」。初速で「止める」。”をコンセプトに、飛距離とコントロール性の両立がさらに高められた新ボールの性能を語った。 昨年11月のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPから『TOUR B X』のニューモデルを投入した宮里は、「前回のボールも大ファンだったけど、...

2020年JGAナショナルチームが決定!史上4人目のアマV・金谷拓実らに加え“シブコの後輩”尾関彩美悠が新加入

21日(火)、JGAは2020年のナショナルチームメンバーを発表した。 男子は昨年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で史上4人目のアマチュア優勝を達成した金谷拓実(東北福祉大3年)ら7人中6人が継続組。唯一、昨年の「日本アマ」チャンプ・木村太一が新たに加わった。 女子は安田祐香、吉田優利らプラチナ世代の多くがプロに転向したため、継続は昨年の「日本ジュニアゴルフ選手権」優勝、「日本女子オープン」ローアマなどの実績...

「スリリングな一日だった」 M・クーチャーが逃げ切りで貫禄V【上位コメント集】

<SMBCシンガポールオープン 最終日◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71> 貫禄のゴルフでリードを保った。「SMBCシンガポールオープン」最終日。後続と3打差の首位でスタートしたリオ五輪銅メダリストのマット・クーチャー(米国)が「70」で回り、トータル18アンダーで逃げ切り優勝を果たした。 こちらも大激戦 日本勢で全英行きを決めたのは…【写真】 決して楽な戦いではな...

木下稜介、値千金の連続バーディ締め 土壇場メジャー行きに「夢がかなった」

<SMBCシンガポールオープン 最終日◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71> 土壇場で夢舞台のチケットをつかんだ。2020年「全英オープン」の予選を兼ねた「SMBCシンガポールオープン」最終日。4バーディ・ノーボギーの「67」をマークした木下稜介がトータル11アンダー・6位タイに入り、上位4人(有資格者を除く)に付与される全英出場権を獲得した。 持ってる男? 木下稜介が令和...

M・クーチャーが日本ツアー初優勝 木下稜介ら4人に全英切符

<SMBCシンガポールオープン 最終日◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71> 日亜共同主管大会で日本ツアー開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」最終日。リオ五輪銅メダリストのマット・クーチャー(米国)が4バーディ・1トリプルボギーの「70」で回り、トータル18アンダーで日本ツアー初優勝を果たした。 両ツアーの顔! 遼とシブコの2ショット【写真】 トータル15アンダー・2位...

石川遼は開幕戦で手ごたえあり 「打てなかったショットが打てている」

<SMBCシンガポールオープン 最終日◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71> 日亜共同主管大会で、日本男子ツアー開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」。石川遼は最終日に1イーグル・3バーディ・1ボギーの「67」をマークし、トータル3アンダーで今季初戦を終えた。 両ツアーの顔! 遼とシブコの2ショット【写真】 前日には「いい流れに乗れていない、苦しい」と心中を明かした石...

<速報>石川遼、開幕戦を通算3アンダーでフィニッシュ 今季初イーグルも奪取

<SMBCシンガポールオープン 最終日◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71> 日亜共同主管大会で日本ツアー開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」最終日が進行中。石川遼は1イーグル・3バーディ・1ボギーの「67」で回り、トータル3アンダー・24位タイでホールアウトしている。 遼とシブコ【写真】 インコースからスタートした石川は前半を1アンダーで折り返すと、本大会最長の4番パ...

<速報>石川遼は1つ伸ばして折り返し M・クーチャーが首位キープ

<SMBCシンガポールオープン 最終日◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71> 国内男子ツアーとアジアンツアーの共同主管大会「SMBCシンガポールオープン」の最終日が進行中。石川遼は前半で2バーディ・1ボギーと1つ伸ばし、トータルイーブンパー・39位タイで後半に入っている。 遼とシブコがニッコリ【写真】 トータル17アンダー・単独首位にリオ五輪銅メダリストのマット・クーチ...