「米国女子」記事一覧

日本で過ごした2週間では“おそれ多い”遭遇も 勝みなみも全米女子OPから刺激「自分も頑張ろうって思えた」

<ショップライトLPGAクラシック 事前情報◇6日◇シービューGCベイC(米ニュージャージー州)◇6197ヤード・パー71>勝みなみが、体調不良で途中棄権した5月の「ミズホ・アメリカズオープン」以来3週ぶりの試合に出場する。5日にはプロアマで18ホールを回り、コースの状況、ポアナ芝で“ポコポコ”と跳ねるグリーンなどをしっかりとチェックした みなみちゃんとかわいい赤ちゃん【写真】 その棄権の原因になった腹痛に関しては...

お悩み解決に導く一本に? 畑岡奈紗が“イメージ一新”のパター投入も視野「気分転換でいいかも」

<ショップライトLPGAクラシック 事前情報◇5日◇シービューGCベイC(ニュージャージー州)◇6197ヤード・パー71>難コースを相手にした先週の過酷なメジャー大会を終えた畑岡奈紗は、「頭を使ったので(疲れは)やっぱりありますね」というなか、5日(水)にプロアマで18ホールをプレーした。そして、それは“試行錯誤”の様子がうかがえる時間でもあった。 奈紗サンのニューパター“候補”【写真】 2年ぶりの出場となる今大会...

西村優菜は“優花”と“ぴな姉”から刺激 「自分も頑張ろうと思えた瞬間だった」

<ショップライトLPGAクラシック 事前情報◇5日◇シービューGCベイC(ニュージャージー州)◇6197ヤード・パー71>グリーン脇で見守った、先週の「全米女子オープン」のクライマックスシーンはやはり大きな「刺激」になった。西村優菜は「自分にとってプラスだったし、自分も頑張ろうと思えた瞬間」を今後の糧にしていくつもりだ。 輝く笑顔がトレードマーク【写真】 優勝した笹生優花、そして2位の渋野日向子は、当然ながらよ...

笹生優花と渋野日向子が予選同組! 全米明けの3日間大会、日本勢は8人出場

<ショップライトLPGAクラシック 事前情報◇6日◇シービューGCベイC(米ニュージャージー州)◇6197ヤード・パー71>米国女子ツアーは「全米女子オープン」の興奮冷めやらぬなか、ニュージャージー州での一戦が現地時間の7日(金)から3日間の日程で開催される。開幕に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。 仲良く手をつなぐ笹生&渋野【写真】 2度目の全米制覇を果たしたばかりの笹生優花は、同大会を単独2位で終...

笹生優花と渋野日向子が予選同組! 全米明けの3日間大会、日本勢は8人出場

<ショップライトLPGAクラシック 事前情報◇6日◇シービューGCベイC(米ニュージャージー州)◇6197ヤード・パー71>米国女子ツアーは「全米女子オープン」の興奮冷めやらぬなか、ニュージャージー州での一戦が現地時間の7日(金)から3日間の日程で開催される。開幕に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。 仲良く手をつなぐ笹生&渋野【写真】 2度目の全米制覇を果たしたばかりの笹生優花は、同大会を単独2位で終...

西村優菜は「昼寝が特技」、渋野日向子はマイ枕&羊? 日本勢の睡眠あれこれ【カメラマン南しずかの米ツアー小話】

畑岡奈紗、古江彩佳、渋野日向子らに加え、今季からは稲見萌寧らが新たにメンバー入りし、日本勢9人が出場している米国女子ツアー。その動向にも注目だが、試合以外や海外勢のおもしろ話まで伝えるのはなかなか難しい部分も…。そこでツアーを長年取材しているカメラマン・南しずか氏が気になるネタをピックアップ。これを見れば“米女子ツアー通”になれるかも!? 西村&渋野が笹生優花Vでウォーターシャワー【写真】 ◇今季6勝...

「これからアメリカに…」 渋野日向子が笹生優花との全米“1・2フィニッシュ”で抱く期待

<ショップライトLPGAクラシック 事前情報◇4日◇シービューGCベイC(ニュージャージー州)◇6197ヤード・パー71>先週のメジャー「全米女子オープン」で2位になった渋野日向子が4日(火)、今週の開催コースに入り調整した。この日は昼過ぎから、その全米を制した笹生優花とともにイン9ホールをプレー。その後はパッティンググリーンでボールを転がした。 仲良く手をつなぐ笹生&渋野【写真】 激闘を終えた翌日の月曜日は移動...

祝福のメッセージは「数えきれないくらい」 全米V・笹生優花が味わった“おめでとうムード”

<ショップライトLPGAクラシック 事前情報◇4日◇シービューGCベイC(ニュージャージー州)◇6197ヤード・パー71>「今は今週の試合に集中したい」。先週、2021年大会に続く自身2度目の“全米制覇”を果たした笹生優花は、すでに気持ちを切り替え、臨戦態勢に入っている。 仲良く手をつなぐ笹生&渋野【写真】 7日(金)に開幕する3日間大会を前に、4日(火)に会場入り。「たまたま練習場で会ったので」という、先週2位の渋野...

全米Vの笹生優花&2位の渋野日向子が一緒に練ラン “先輩”渋野は「ちょこちょこついていきたい(笑)」

<ショップライトLPGAクラシック 事前情報◇4日◇シービューGCベイC(ニュージャージー州)◇6197ヤード・パー71>先週行われた海外メジャー「全米女子オープン」で大会2勝目を挙げた笹生優花と、2位になった渋野日向子が、今週出場する「ショップライトLPGAクラシック」の会場に姿を見せ、一緒に練習ラウンドを行った。 仲良く手をつなぐ笹生&渋野【写真】 もともと一緒に回る予定はなかったものの、練習場で会い、タイミング...

西村優菜は「崩された」週末に悔いも… 笹生優花の“祝福ウォーターシャワー”に「刺激的です、すごく」

<全米女子オープン 最終日◇2日◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)◇6583ヤード・パー70>4度目の“世界一決定戦”出場で、初めて決勝ラウンドに進出した西村優菜。上位浮上を目指した週末は連日の「72」でトータル11オーバー・39位タイに終わった。 祝福のウォーターシャワー【写真】 「いやー、いいとこなしでしたね」とため息交じりの4日間。2日目の後半5番にトリプルボギーを叩き、続く6番はダブルボギー。2ホールで5つ...

笹生、渋野だけじゃない! 古江彩佳6位、女王・山下美夢有12位善戦で五輪争いが過熱

<全米女子オープン 最終日◇2日◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)◇6583ヤード・パー70>笹生優花が日本人初となるメジャー2勝目を挙げ、さらに渋野日向子が単独2位に入り日本人ワンツーフィニッシュが大きな話題となっているが、決勝ラウンドでは14人の“なでしこ達”が堂々のプレー。日本勢3番手の古江彩佳、同6番手の山下美夢有も今大会を振り返った。 小祝も鳥肌 笹生優花がパー4でワンオン成功【動画】 トータル2オ...

メジャー2勝目の笹生優花は6位 渋野日向子が106人抜きの32位で“シード圏内”へ【CMEグローブポイントランキング】

米国女子ツアー今季メジャー大会2戦目「全米女子オープン」を終えて、最新のCMEグローブポイントランキングが発表された。 自由の女神を見ながらフェリー通勤【動画】 笹生優花が19歳で制した2021年大会に次ぐ2勝目を挙げ、650ポイント(pt)を獲得。通算951.542ptで44位→6位に浮上した。大会連覇を狙ったアリセン・コープス(米国)は予選落ちし、54位→60位となった。単独2位に入った渋野日向子は416ptを獲得。一昨年、昨年...

笹生優花が日本勢トップの6位浮上 渋野日向子は61位 パリ五輪出場権争いも激化【女子世界ランキング】

6月3日付の女子世界ランキングが発表された。今季海外メジャー2戦目の「全米女子オープン」で日本人史上初の2度目のメジャー制覇を成し遂げた笹生優花が24ランクアップで日本勢トップの6位に浮上した。 シブコの24年版スイングをコマ送りで解析【連続写真】 同大会で2位に入った渋野日向子は192位から61位まで順位を上げた。また、パリ五輪の出場権争いも激化。6月24日時点の世界ランキングを基にした五輪ランクで決まり、各国...

「やらずに違うと決めてしまったらそれまで」 渋野日向子が復活に向けコーチと続けてきた“試行錯誤”【辻にぃ見聞】

今年の「全米女子オープン」は優勝・笹生優花、2位・渋野日向子の日本勢“1、2フィニッシュ”という形で幕を閉じた。同時に、この大会はこれまで苦しんできた渋野の復調を印象づける4日間にもなったが、そこに至るまでの道のりを、今季から渋野が師事する辻村明志コーチに聞いた。 小祝も鳥肌 笹生優花がパー4でワンオン成功【動画】 ■昨年末から指導…試行錯誤の毎日「止まっていた針が動き出したなと思える4日間でしたね」...

笹生優花のメジャー2勝、渋野日向子の“復活” JLPGAの樋口久子顧問、小林浩美会長が祝福

<全米女子オープン 最終日◇2日◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)◇6583ヤード・パー70>日本人史上初の海外女子メジャー2勝を挙げた笹生優花、単独2位で終えた渋野日向子に日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の小林浩美会長、樋口久子顧問も祝福のコメントを寄せた。 小祝も鳥肌 笹生優花がパー4でワンオン成功【動画】 1993年の「JAL・ビッグ・アップルクラシック」など米ツアー4勝を挙げている小林は、笹生の優勝に「う...

“怪物ルーキー”から2度の全米制覇 笹生優花これまでの歩み

<全米女子オープン 最終日◇2日◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)◇ 6583ヤード・パー70>笹生優花が日本勢史上初となる2度目のメジャー制覇という偉業を成し遂げた。2021年大会ではフィリピン国籍で、今回は日本に籍を移しての勝利。孝行娘がフィリピン人の母、日本人の父に全米Vをささげた。そんな笹生のメジャー戦歴を振り返る。 渋野日向子の満開スマイル【写真】 初の海外メジャー挑戦は2019年の「全米女子オープン...

終盤の“1オン成功”にギャラリー大興奮 笹生優花は最年少全米2勝目でパリ五輪代表入りに前進「自分にとって特別」

<全米女子オープン 最終日◇2日◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)◇6583ヤード・パー70>2021年に畑岡奈紗とのプレーオフを制して、初の全米女王になってから3年。笹生優花が、再び“世界一”の称号を手にした。2位との差も開いていたため、最終18番をパーであがると両手でこぶしを握る。そしてこちらも優勝を確信したギャラリーたちも大騒ぎし、グリーン脇ではその瞬間を待っていた西村優菜ら日本選手ともハグを交わした。 ...

「最後まで諦めないこと」 笹生優花の全米V2を支えた父の教え

<全米女子オープン 最終日◇2日◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)◇ 6583ヤード・パー70>笹生優花が2度目の全米制覇を果たした。世界一決定戦とも呼ばれる過酷な大会で、アンダーパーはトータル4アンダーの笹生と2位に入ったトータル1アンダーの渋野日向子だけだった。 エグい! 笹生優花がパー4でワンオン成功【動画】 2021年に衝撃の全米制覇を果たしてから3年が過ぎた。当時19歳、そこで急に決まった米ツアー転戦だ...

日本勢メジャー“1、2フィニッシュ”は史上初 2位・渋野日向子が“妹”笹生優花Vを祝福「自分もうれしい…またこれで日本が盛り上がる」

<全米女子オープン 最終日◇2日◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)◇6583ヤード・パー70>優勝した笹生優花、2位の渋野日向子。笹生にとっては全米2勝目だったが、前回はフィリピン籍での出場だったため、全米ゴルフ協会(USGA)の記録上、今回が男女ゴルフを通じて、日本勢がメジャー大会で1、2フィニッシュを決めた初めての大会になった。 西村&インジも一緒にウォーターシャワー【写真】 トータル4アンダーだった笹生に対...

笹生優花が快挙 初V、2勝目がともにメジャー大会は史上3人目

<全米女子オープン 最終日◇2日◇ランカスターCC(ペンシルベニア州)◇ 6583ヤード・パー70>笹生優花が金字塔を打ち立てた。首位と3打差から出た笹生優花が2つスコアを伸ばし、トータル4アンダーでホールアウト。逆転でメジャー2勝目を飾った。 エグい! 笹生優花がパー4でワンオン成功【動画】 史上最年少となる19歳で制した2021年大会に次ぐ優勝。直後に米ツアーメンバーとなったが、その後は苦しい時間が続いた。昨年は...