「国内男子」記事一覧

公式戦優勝、5年間のシードを獲得 これから目指すものは?【石川遼 優勝会見コメント】

「日本プロゴルフ選手権」の優勝で、5年間のシードを獲得した石川遼。日本ツアーでの優勝というひとつの成功を収めた今、次に目指すものをどう見ているのか。 石川遼の歩く道 その先には?【写真】 ■「常に目指しているものは世界」 今の状態で、今のゴルフができれば、これからのシーズン後半戦もすごく楽しみだと思うし、今やっていることを続けて、再現性を高めていければと思う。 常に、目指しているものは世界。ゴルフだけ...

ようやく自分を信じられる 日本プロ優勝で得たものとは【石川遼 優勝会見コメント】

日本に帰ってきてから、ドライバーを中心に調整を重ねてきた。良くなっている兆しは感じながらも、中々結果が伴わない。その中で、これまで予選落ちが続いていた「日本ゴルフツアー選手権」で今年は20位タイに入った。これが大きなきっかけとなり、その流れで果たした「日本プロゴルフ選手権」での優勝。石川遼にとって、この2試合はどのような価値があったのだろうか。 石川遼、絶叫【写真】 ■「ツアー選手権は自信になったと言...

優勝のなかった3年間 結果がついてこないことへの苦悩【石川遼 優勝会見コメント】

2017年のシーズン終盤、5年間戦ってきた米ツアーを離れて国内ツアーに復帰した石川遼。ドライバーを課題として取り組みながらフル参戦した18年は、何度か優勝争いに加わりながらも中々突き抜けることができなかったが、先週の「日本プロゴルフ選手権」で16年「RIZAP KBCオーガスタ」以来となる優勝を飾った。思うように結果を残せなかった時期の苦悩を語る。 優勝カップをしげしげと見つめる石川遼【写真】 ■「こういうゴルフを...

3年ぶりVの石川遼は賞金3000万円を獲得 一気に6位へランクアップ【男子賞金ランキング】

「日本プロゴルフ選手権」を終え、国内男子ツアーの最新賞金ランクが発表された。同大会で3年ぶりのツアー制覇を果たした石川遼は、優勝賞金3000万円を獲得。今季通算を約3255万円として、賞金ランク6位に浮上した。 石川遼 勝利のおたけび【大会フォト】 また石川とプレーオフで優勝を争った2位のハン・ジュンゴン(韓国)は1500万円を加算。通算約2896万円とし、7位にランクを上げた。 1位は約5686万円のジャズ・ジェーンワタ...

最後まで開催に対して不安もあった 鹿児島に向けて抱いた思いは?【石川遼 優勝会見コメント】

記録的な大雨の影響で、開催前まで指宿市には避難勧告が出ていた。練習日やプロアマ戦も行えず、大会本戦も1日遅れで開幕。本戦が始まるころには会場周辺の気象警報は解除されていたが、その中での大会実施に石川遼は不安を抱いている部分もあった。激動の1週間を終えて勝利を収めた今、改めて「日本プロゴルフ選手権」にどのような思いで臨んだのだろうか。 感無量の表情でカップを掲げる石川遼【写真】 ■「中途半端じゃだめだ...

石川遼の3年ぶり優勝を支えたクラブは? 長年愛用のエースパターを再投入【勝者のギア】

石川遼が、「日本プロゴルフ選手権」で3年ぶりとなるツアー優勝。“日本No.1プロ”の称号を得て、通算勝利数を15に伸ばした。 3年ぶりVに導いた これが石川遼の“恋人”だ【写真】 その勝利を支えた14本は、以下の通りだ。『エピックフラッシュ サブゼロ◆◆◆(トリプルダイヤモンド)』は、腰痛からの復帰を果たした「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」からバッグイン。それまでは同シリーズの『エピックフラッシュサブ...

2週連続優勝ならず 星野陸也、36ホールの途中は「シャワーを浴びて服も着替えて」

<日本プロゴルフ選手権 最終ラウンド◇7日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7150ヤード・パー70> 長い、長い1日となった最終日。最終的には石川遼とハン・ジュンゴン(韓国)のプレーオフにもつれこみ、石川が3年ぶりの勝利を果たした。 途中、優勝のチャンスを残していた選手達も大勢いたが、10年ぶりに行われた1日36ホールに何を思ったか。上位陣のコメントで激闘を振り返る。 ■ハン・ジュンゴン(トータル13アンダー・2...

プレーオフのしびれる優勝争い、その時の心境は?【石川遼 優勝会見のことば】

石川遼が「日本プロゴルフ選手権」で2016年以来の優勝を挙げた。決勝36ホールが行われた最終日。第3ラウンドでスコアを大きく崩して優勝争いからはじき出されたが、最終ラウンドの17番で単独首位に立っていたハン・ジュンゴン(韓国)がスコアを崩し、トータル13アンダーでトップに並んだ。 プレーオフ1ホール目(18番パー5)で石川の放ったティショットは右に曲がったが、カート道に当たってフェアウェイに。5番アイアンのセカン...

これぞ石川遼! 劇的優勝に涙「こんなに興奮するんだと思った」

<日本プロゴルフ選手権 最終ラウンド◇7日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7150ヤード・パー70> 「信じられません」。記者会見の席に着くと同時に、思わずそんな言葉が飛び出した。首位タイで予選ラウンドを終えて臨んだ36ホールの長丁場。第3ラウンドはバーディスタートを切ったが、「途中で分からなくなった」とアイアンショットが乱れて、4番からボギー・ダブルボギー・ダブルボギーと立て続けにスコアを落とした。 躍...

石川遼が3シーズンぶりに優勝!プロ入り後の戦歴を振り返る

<日本プロゴルフ選手権 最終ラウンド◇7日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7150ヤード・パー70> 国内ツアー本格復帰2シーズン目を迎えた石川遼。「日本プロゴルフ選手権」で2016年「RIZAP KBCオーガスタ」以来の優勝を挙げた。“日本No.1ツアープロ決定戦”でツアー15勝目を達成した石川。2008年のプロ転向からこれまでの、国内ツアーでのトピックを振り返る。 キレッキレスイングの秘訣は? 石川遼のスイング連続 <2008...

2連続ダボで注入した“挑戦者の気持ち” 万感の日本一に石川遼「自分がここに立っているのが信じられない」

<日本プロゴルフ選手権 最終ラウンド◇7日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7150ヤード・パー70> 最終日に36ホールを行う、長い一日を最高の形で締めくくった。石川遼が、トータル13アンダーで並んでホールアウトしたハン・ジュンゴン(韓国)とのプレーオフを1ホール目で制し優勝。2016年8月「RIZAP KBCオーガスタ」以来、3年ぶりとなるツアー15勝目をつかんだ。 誇らしげに優勝カップを掲げる石川遼【写真】 まさに死闘と...

石川遼が逆転で3年ぶりV 36ホールの死闘制し日本プロ初制覇

<日本プロゴルフ選手権 最終ラウンド◇7日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7150ヤード・パー70> 36ホールの長丁場で行われた国内男子ツアー公式戦「日本プロゴルフ選手権」の最終日。トータル13アンダー・首位タイでホールアウトした石川遼、ハン・ジュンゴン(韓国)によるプレーオフは、1ホール目でイーグルを奪った石川に軍配が上がった。 日本プロ初制覇! 石川遼、3年ぶりVの瞬間【LIVEフォト】 石川は2016年の「RIZ...

<速報>石川遼、ハン・ジュンゴンが首位でホールアウト 優勝の行方はプレーオフへ

<日本プロゴルフ選手権 最終ラウンド◇7日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7150ヤード・パー70> 36ホールの長丁場で行われている国内男子ツアー公式戦「日本プロゴルフ選手権」の最終日、石川遼がハン・ジュンゴン(韓国)と並び、トータル13アンダー・首位タイでフィニッシュ。3年ぶりのツアー15勝目、日本プロ初制覇をかけて、18番の繰り返しによるプレーオフへと挑む。 日本プロ王者は誰だ? 現地からライブフォト配信...

<中間速報>ハン・ジュンゴンが単独首位 石川遼は4打差で後半へ

<日本プロゴルフ選手権 最終ラウンド◇7日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7150ヤード・パー70> 国内男子ツアー公式戦「日本プロゴルフ選手権」の最終ラウンド。全選手が前半の競技を終えて、ハン・ジュンゴン(韓国)がトータル14アンダー・単独首位に立っている。 透き通るような鹿児島の空【LIVEフォト】 2打差2位に星野陸也、3打差4位タイに時松隆光、松原大輔、ショーン・ノリス(南アフリカ)が続いている。 第3ラウ...

石川遼は後半追い上げも「71」で後退 首位と4打差で最終ラウンドへ

<日本プロゴルフ選手権 第3ラウンド◇7日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7150ヤード・パー70> 国内男子ツアー公式戦「日本プロゴルフ選手権」の第3ラウンドが終了し、今季初優勝を狙う時松隆光がトータル13アンダー・単独首位に浮上している。 美しきいぶすきの夜明け【LIVEフォト】 1打差2位に松原大輔とハン・ジュンゴン(韓国)。2打差4位に2週連続優勝がかかる星野陸也が続いた。 首位タイからスタートした石川遼は前...

新ドライバーが「思い通り」 フェアウェイキープ絶好調、重永亜斗夢が躍進

<日本プロゴルフ選手権 第2ラウンド◇6日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7212ヤード・パー71> 先週の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」2日目に、驚きのフェアウェイキープ率『100%』を叩きだしたのが重永亜斗夢。今週もドライバーではほぼフェアウェイを外して折らず、2日間トータルのフェアウェイキープ率で82.14%の2位タイに入った。 遠くからでもすぐ分かる!めちゃくちゃカラフルなウェア【写真】 実は「ダイ...

今季初戦でトップ通過の北村晃一 パット数1位を支える10年来の“恋人”

<日本プロゴルフ選手権 第2ラウンド◇6日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7212ヤード・パー71> 今週、レギュラーツアー“開幕”を迎えたのが北村晃一。昨年はファイナルQTに進出したが205位で終了。今季は下部のAbemaTVツアーを主戦場としており、レギュラーツアーへの出場権は中々降りてこない。 絵画のようなウェア…【写真】 本大会へは昨年の「北陸オープン」優勝の資格で参戦を決め、今年はこれがレギュラー初出場だ...

石川遼、“池ポチャ”で消耗もバーディ締めで食らいつき いざ36H決戦へ

<日本プロゴルフ選手権 第2ラウンド◇6日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7212ヤード・パー71> 久々の首位タイ発進を決めた石川遼は、第2ラウンドでも順調にスコアを伸ばしていった。前半を3アンダーでまとめて首位タイをキープ。後半12番のボギーで1打差に後退したが、15番でバーディを奪ってトータル10アンダー・単独首位と抜け出した。 赤線を越えた? 超えてない? 石川遼の池ポチャで協議【写真】 このまま快走する...

「日本プロゴルフ選手権」は最終日に36ホールを実施 2009年大会以来

<日本プロゴルフ選手権 第2ラウンド◇6日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7212ヤード・パー71> 記録的な大雨のため初日が中止となった「日本プロゴルフ選手権」。1日遅れて本戦がスタートしたが、7日(日)に決勝2ラウンドぶんの36ホールを実施することが決定した。 石川遼は終盤、池のえじきに【写真】 予選通過を果たしたのは59位タイまでの73名。午前6時にスタートを予定しており、約30分の休憩をはさんで組み替えなし...

石川遼が首位タイで決勝ラウンド進出 星野陸也、重永亜斗夢らも優勝戦線に

<日本プロゴルフ選手権 第2ラウンド◇6日◇いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)◇7212ヤード・パー71> 国内男子ツアー公式戦「日本プロゴルフ選手権」の第2ラウンドが終了し、トップタイからスタートした石川遼が6バーディ・2ボギーの「67」をマーク。北村晃一、ハン・ジュンゴン(韓国)と並び、トータル10アンダー・首位タイで決勝ラウンドを迎える。 キレッキレショットの秘密は? 石川遼のイケメンスイングを連続写真で見る ...