「米国男子」記事一覧

隣のFWからバーディのおまけ付き W・ザラトリスが上がり連続7バーディで「61」

<ザ・アメリカンエクスプレス 2日目◇21日◇PGAウエスト スタジアムC(米カリフォルニア州)◇7147ヤード・パー72> 昨年4月の「マスターズ」で優勝した松山英樹にもっとも迫った男が、2022年の第3戦で圧巻のプレーを見せた。20-21年シーズンの新人王に輝いたウィル・ザラトリス(米国)が上がり7連続バーディを含む12バーディ・1ボギーで「61」をマーク。初日の96位タイから3位タイに順位を上げた。 3コースを3日間で回り、最...

米シニア開幕戦の最終日はエルス、シン、エイムズの三つ巴 デビュー戦のデュバルは36位T

2022年PGAツアー・チャンピオンズの開幕戦、「三菱エレクトリック選手権・アット・フアラライ」が米国ハワイ州、ハワイ島のフアラライGCで開催。42名の精鋭が集結し、熱い戦いが続いている。 初日に「64」をマークし8アンダーでトップに立ったアーニー・エルス(南アフリカ)は出だしの2番から3連続バーディと伸ばしたが、5番パー3でティショットを池に入れてダブルボギー。「あれはクラブのミスジャッジだった。あそこまではとて...

岩田寛「あいつ良いやつですね」【ゴルファーのことば】

常に真剣勝負に身を置き、戦いを続けるゴルファーたち。過酷な環境でクラブを振っているからこそ出る力強い名言、ウィットに富んだジョーク、そしてちょっぴり天然な迷言たちがある。そんな“ゴルファーの言葉”の言葉を紹介。今回は口数は少ない岩田寛が大学の後輩から褒められて放った一言。 ---------------- 「あいつ良いやつですね」 2014年の世界ゴルフ選手権「WGC-HSBCチャンピオンズ」の2日目に「65」を叩き出したときに...

パトリック・キャントレーが首位をキープ ミケルソンは155位Tで低迷

<ザ・アメリカンエクスプレス 2日目◇21日◇PGAウエスト スタジアムC(米カリフォルニア州)◇7147ヤード・パー72> カリフォルニア州で開催されている米国男子ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」の2日目が終了。パトリック・キャントレー(米国)がトータル14アンダーまで伸ばして首位を維持した。 首位と1打差・2位にはトム・ホージ、2打差・3位タイにはウィル・ザラトリス、ラント・グリフィン、グレイソン・シッグ、キャ...

68年マスターズチャンピオン、ボブ・ゴールビー氏が死去

1968年の「マスターズ」チャンピオンでPGA ツアー通算11勝のボブ・ゴールビー(米国)がイリノイ州ベルビルで死去、92歳だった。 ゴールビーと聞いても思い起こせない人も多いが、マスターズで起きた「デ・ビセンゾの悲劇」というと記憶が蘇るかもしれない。 1968年のマスターズ最終日、トータル11アンダー、「277」で最終ラウンドを終えると、リーダーボードにはゴールビーと、その2組前でプレーしていたロベルト・デ・ビセンゾ(アルゼン...

復活を目指す元世界1位のジェイソン・デイ 22年の目標は「背中を痛めないスイング」

<ザ・アメリカンエクスプレス 初日◇20日◇PGAウエスト スタジアムC(米カリフォルニア州)◇7147ヤード・パー72> ジェイソン・デイ(オーストラリア)が、米国カリフォルニア州で開催されている「ザ・アメリカンエクスプレス」から2022年をスタート。初日は5バーディを奪って「67」をマークし、24位タイの好スタートを切った。 「いいラウンドができた。パー5でバーディをたくさん獲れなかったことは残念だけれど、ボギーフリ...

出だし7ホールで7アンダー 昨季王者のP・キャントレーが「62」のロケットスタート

<ザ・アメリカンエクスプレス 初日◇20日◇PGAウエスト スタジアムC(米カリフォルニア州)◇7147ヤード・パー72> カリフォルニア州で開催されている米国男子ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」の初日が終了し、パトリック・キャントレー(米国)が10アンダーの首位タイに立った。 1番でバーディを奪うと、3番から3連続バーディ。続く6番パー5ではイーグル、7番パー3をバーディとして最初の7ホールで7アンダーと最高のすべ...

大会ホストのフィル・ミケルソンは「78」 自己ワーストスコアタイで最下位発進

2002年、04年と大会制覇、現在はホストもつとめる「ザ・アメリカンエクスプレス」で、フィル・ミケルソン(米国)が初日はまさかの「78」をマーク。出場156名中154位タイで最下位に沈んだ。 3つのコースをプロアマ戦でプレーする今大会、ミケルソンは初日をラ・キンタCCで迎えた。午前9時20分に1番からスタートし直後の2番パー4でティーショットをOBとして「6」のダブルボギー。6番パー5でバーディを奪ったが、8番パー4では再びティショッ...

昨シーズン王者のP・キャントレーらが「62」で首位 世界ランク1位のJ・ラームは13位T

<ザ・アメリカンエクスプレス 初日◇20日◇PGAウエスト スタジアムC(米カリフォルニア州)◇7147ヤード・パー72> 米国男子ツアーはハワイ2連戦が終わり米国西海岸シリーズがスタート。土曜日までに4コースを使い行われる「ザ・アメリカンエクスプレス」がカリフォルニア州で開幕。初日からビッグスコアが飛び出している。 10アンダーの首位に立ったのは昨シーズンの年間王者に輝いたパトリック・キャントレーとリー・ホッジス...

メジャー通算18勝の“帝王”が82歳に【きょうは誰の誕生日?】

きょう1月21日は、20世紀最強のゴルファー“帝王”ことジャック・ニクラス(米国)の誕生日。1940年生まれで、今年82歳。トレードマークの金髪により「ゴールデン・ベア」の愛称で親しまれ、メジャー通算18勝(マスターズ6勝、全米オープン4勝、全英オープン3勝、全米プロ5勝)は、現在も破られていない最多勝利記録。80年の「全米オープン」で青木功との死闘を繰り広げ、86年のマスターズでは46歳2か月で最年長優勝、2005年に「...

メジャー通算18勝の“帝王”が82歳に【きょうは誰の誕生日?】

きょう1月21日は、20世紀最強のゴルファー“帝王”ことジャック・ニクラス(米国)の誕生日。1940年生まれで、今年82歳。トレードマークの金髪により「ゴールデン・ベア」の愛称で親しまれ、メジャー通算18勝(マスターズ6勝、全米オープン4勝、全英オープン3勝、全米プロ5勝)は、現在も破られていない最多勝利記録。80年の「全米オープン」で青木功との死闘を繰り広げ、86年のマスターズでは46歳2か月で最年長優勝、2005年に「...

19歳のA・バティアが米下部開幕戦V 「PGAツアーに戻りたい」

2022年コーンフェリー・ツアー初戦が終了し、アクシャイ・バティア(米国)が最終日15番、17番、18番でバーディを奪う猛チャージで7アンダーの「65」をマークし、2位に2打差のトータル14アンダーで制した。 まだ19歳のバティアは喜びをあらわにし、「うれしいという言葉以外見つからない」と興奮が収まらない。 バティアは、18年のジュニアゴルフ界のマスターズと呼ばれる「ジュニアインビテーショナルAtセージバレー」で優勝、同...

前戦は2位も脅威の“-33”に「いいスタートがきれた」 J・ラームがモリカワとの世界一攻防戦へ

<ザ・アメリカンエクスプレス 事前情報◇19日◇PGAウエスト スタジアムC(米カリフォルニア州)◇7147ヤード・パー72> 2018年に前身大会の「キャリアビルダーチャレンジ」で優勝。現在世界ランク1位のジョン・ラーム(スペイン)が、4年ぶりとなる大会制覇へ意気込みをみせた。PGAツアーが行うパワーランキング(優勝予想ランク)でも最有力候補に推されている27歳は、砂漠の地で“世界一の座”を守る戦いにも挑む。 「戻ってく...

パターの大定番『ピン型』 松山英樹がずっと愛用し続ける理由は?【ギア豆知識】

米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」でアジア勢最多に並ぶツアー通算8勝目を挙げた松山英樹。今大会における松山英樹のスタッツを見ていくと、パッティングのスコアへの貢献度を示す『ストローク・ゲインド・パッティング』で“7.264“をマークし、全体1位に輝いている。松山といえば、米国男子ツアーでも屈指のショット力を誇る選手だが、今大会ではそこにパットが噛み合い、トータル23アンダーというビッグスコア...

イアン・ウーズナム、マスターズから引退へ ツイッターでアナウンス

イアン・ウーズナム(英国)、63歳は今年のマスターズ・トーナメントはプレーしないと19日、自身のツイッターで発表した。 1988年、マスターズで勝利した。以来パストチャンピオンとして2007年、2020年を除くすべての年にオーガスタ・ナショナルGCに戻って来た。 89年以降2000年まで12年連続で予選通過を果たしたが、その後は2008年に決勝に進んだだけ。この年がウーズナムにとって週末のオーガスタをプレーしたのが最後となった...

アーロン・ビバリーがジェネシス招待出場へ タイガー・ウッズがツィート!

タイガー・ウッズ(米国)がホストを務めるジェネシス招待(2月17〜20日)に、チャーリー・シフォード推薦でアーロン・ビバリー(米国)が出場する。 18日、タイガーが「2022のシフォード推薦でアーロン・ビバリーを迎えることをとても楽しみにしている。チャーリー・シフォードはアーロンがリビエラCCでPGAツアーデビューを果たすことをとても誇りに思っているだろう」とツィートした。 チャーリー・シフォード(米国)は1961年...

石川遼「英樹が勝った、日本人が勝った嬉しさはあります!けど!けど!悔しいです」【ゴルファーのことば】

常に真剣勝負に身を置き、戦いを続けるゴルファーたち。過酷な環境でクラブを振っているからこそ出る力強い名言、ウィットに富んだジョーク、そしてちょっぴり天然な迷言たちがある。そんな“ゴルファーの言葉”の言葉を紹介。今回は松山英樹が米ツアーで初優勝を挙げたときの石川遼のことば。 ---------------- 「英樹が勝った、日本人が勝った嬉しさはあります!けど!けど!悔しいです」 「ソニー・オープン・イン・ハワイ」で...

コリン・モリカワが“世界1位奪取”に3度目トライ!「同じミスを2度としないように」

今週、DPワールドツアー(欧州男子)の「アブダビHSBC選手権」(1月20日開幕・アラブ首長国連邦)に現在世界ランク2位につけるコリン・モリカワ(米国)が出場する。そしてここは3度目の世界1位奪取挑戦の場にもなる。 現在世界ランキング1位に君臨するのは27歳のジョン・ラーム(スペイン)。そのラームからトップの座を奪うには、同大会でモリカワが優勝し、米男子ツアーの「ザ・アメリカンエクスプレス」に出場しているラーム...

松山英樹の米通算「8」勝は…世界ランク1位よりも多かった! 20代での勝ち星は3番目の多さ

先週行われた2022年米国男子ツアー2戦目「ソニー・オープン・イン・ハワイ」で、最終18番ホールで追いつき、プレーオフではイーグルを奪って優勝した松山英樹。これで米ツアー通算8勝目となり、K・J・チョイ(韓国)と並んでアジア人最多タイの優勝数となった。 13年4月にプロ転向を表明し、同年6月には「全米オープン」に出場して10位タイ、続く7月の「全英オープン」では6位タイの成績を収めるなど、ルーキーイヤーから米ツアー...

世界ランク1位のジョン・ラームが優勝予想トップに 前週Vの松山英樹は出場せず

<ザ・アメリカンエクスプレス 事前情報◇18日◇PGAウエスト スタジアムC(米国カリフォルニア州)◇7,113 ヤード・パー72> ハワイでの2戦を終えて、米国男子ツアーの舞台は米国本土西海岸のカリフォルニア州へ。現地時間20日(木)から開催される2022年米国男子ツアー3戦目「ザ・アメリカンエクスプレス」の優勝予想がPGAツアー公式サイトにて発表された。 最有力に上がったのはジョン・ラーム(スペイン)。18年大会の覇者で...