「国内男子」記事一覧

堀川未来夢の“汚い”メモ 忘れられない2.5mからの成長の証

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目◇7日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 「ファーストパットが2.5mで、セカンドが4mくらいでしたね」。聞かれれば、1年前のパーパットの距離がスラスラと出てくる。堀川未来夢にとって忘れられないのは、昨年大会の最終日、18番パー3だ。 もう1年前… 崩れ落ちる堀川未来夢 約2.5mのパーパットを残し、グリーンに上がった時点でトータル6アンダー・首位タイ...

賞金ランクトップ5が優勝戦線へ 石川遼は「来年も中心になっていけたら」

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目◇7日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 最終戦の3日目を終えて、賞金ランクトップ5の面々が優勝争い圏内に顔をそろえた。トータル6アンダー・首位タイには同ランク5位のハン・ジュンゴン(韓国)。同ランクトップの今平周吾が首位と2打差の5位タイ、同2位、3位のショーン・ノリス(南アフリカ)とチャン・キム(米国)は1打差・3位とさすがの活躍を見せてい...

時松隆光が首位T浮上 賞金王かかる今平周吾、石川遼は5位T

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目◇7日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は3日目の競技が終了。トータル6アンダーまで伸ばした時松隆光と黄重坤(韓国)が首位で並んでいる。 凍えそう?な石川遼 1打差の3位タイには、賞金王かかるショーン・ノリス(南アフリカ)とチャン・キム(米国)。同じく賞金王かかる今平周吾は石川遼、ブレンダン...

<速報>黄重坤が首位浮上 賞金王かかるS・ノリスは3位、今平周吾は7位、石川遼は8位

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目◇7日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」はムービングデーに突入。全選手がハーフターンを終えて、トータル6アンダーの黄重坤が首位に立っている。 ダウンを前から羽織って…寒そうな石川遼 1打差の2位に時松隆光。首位と2打差の3位タイには、賞金王かかるショーン・ノリス(南アフリカ)をはじめチャン・...

感覚を狂わせた“マイナス4度” 寒さの影響はどれほど?

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 出場30人中、アンダーパーは11人。18ホール合計のボギー以上の数を見てみれば、初日から約1.4倍の108個。対パー数(平均ストローク数からホールの基準ストローク数を引いたもの)は初日の「-0.833」から「+0.967」と難易度が増した。初日よりも風が強まったものの、この日の風速は2.5m/秒。選手たちを苦労させたのはな...

上位フィニッシュにも「いいゴルフでもない」 石川遼、2日間を終えての課題は?

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 前日からぐっと下がった気温と、ガラリと変わった風向きが難易度を上げた第2ラウンド。アンダーパーをマークしたのは30人中11人、初日よりもスコアが伸びずにトップは星野陸也のトータル6アンダーとなった。 ちょっとスナイパーっぽい?石川遼のニューサングラス【写真】 首位と3打差・8位タイから出た石川遼は、3バー...

星野陸也が単独首位キープ 今平周吾は3差7位、石川遼4差8位

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 賞金ランキング上位者など30人が出場しているシーズン最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の2日目が終了。星野陸也が1イーグル・1バーディ・2ボギーの「69」で回り、トータル6アンダー・単独首位をキープした。 きょうの石川遼 白のニットでコーディネート【LIVEフォト】 1打差2位に賞金ランキング2位のショーン・ノ...

<中間速報>星野陸也が単独首位 今平周吾、石川遼は前半伸ばせず

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 賞金ランキング上位者など30人が出場しているシーズン最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の2日目が進行中。全選手が前半の競技を終えて、星野陸也がトータル7アンダー・単独首位を走っている。 きょうの石川遼 白のニットでコーディネート【LIVEフォト】 1打差2位にブラッド・ケネディ(オーストラリア)。2打差3位...

「スコアが悪くても楽しめそう」 藤田寛之、50歳の目に映る“お祭り”の景色

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 「どこにモチベーションを持って、50歳を過ぎて強い気持ちを持ち続けているのかと…いつも思いますよね」。ともに芹澤信雄に師事する兄弟子の活躍を見て、宮本勝昌がぽつりとこぼした。 初日は上下ブラックでキメた石川遼【写真】 3年ぶりの最終戦出場を決めた藤田寛之。「目標はないですね。これを思いっきり楽しもうと...

笑顔のノリスが一歩リード! 1年前の“最下位スタート”から学んだこと

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 最終組について歩いていると、ロープ内から時折笑い声が聞こえてきた。楽しそうに話しながら歩いていたのは、ショーン・ノリス(南アフリカ)とチャン・キム(米国)の2人。賞金ランキング順に組み合わせが決められる本大会、今平周吾との賞金王争いのまっただ中でも、ノリスは“気負う”という様子を一切みせていない。...

石川遼はドライバー好調も伸び悩み 「パーばっかりでしたけど…」

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> シーズン最後の“お祭り”は、静かな滑り出しとなった。2015年覇者の石川遼は、初日の前半を終えて1バーディ・1ボギーとイーブンパーで折り返し。「ずっと悪くないゴルフをして伸びなかった。最後に2つとれて、内容と同じくらいのスコアに持ってこられた感じ」。後半で2つバーディを獲ったが、3バーディ・1ボギーの「68...

星野陸也が単独首位発進 今平周吾2差4位、石川遼3差8位

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の初日が終了。今季2勝目を狙う星野陸也が7バーディ・2ボギーの「65」をマークし、5アンダー・単独首位発進を決めた。 虎さんといえばこの角度【LIVEフォト】 1打差2位タイに賞金ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア...

<中間速報>星野陸也が単独首位 今平周吾3差、石川遼4差追走

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇5日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の初日が進行中。全選手が前半の競技を終えて、星野陸也が4アンダー・単独首位に立っている。 黒ずくめの石川遼がカッコいい【LIVEフォト】 2打差2位タイに藤田寛之、チャン・キム(米国)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、キム・キョンテ、チェ・ホソン(と...

今平周吾、唯一の弱点は…!? 因縁の賞金王対決がついに決着!【佐藤信人の注目選手】

今季の国内男子ツアーもいよいよ最終戦を迎え、賞金王対決もついに決着を迎える。奇しくも昨年と同じく今平周吾とショーン・ノリス(南アフリカ)の一騎打ちとなった頂上決戦。ツアー9勝を誇り、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の広報担当理事を務める佐藤が挙げた2人の大会との相性はいかに!? 会見でショーン・ノリスが大暴れ!? ■歴代覇者はキレイにフェードぞろい!気になる2人は… 今年で56回目を迎える「ゴルフ日本シリー...

凸凹2ショット再び! 今平周吾VSノリスの因縁対決がいよいよ決着

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 事前情報◇4日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> いまや毎年恒例となっている“賞金王対決”フォトセッションに、今年もこの2人がやってきた。 フォトセッションでノリスが大暴れ!? 最終戦の開幕前日、賞金王を競う選手がカップを前に顔を合わせる恒例行事。肩を並べたのは、昨年“身長差23センチ”の賞金王レースを繰り広げた、今平周吾とショーン・ノリス(...

石川遼、2019年の締めくくりは「泥くさく」 11度目の最終戦へ

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 事前情報◇4日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> シーズン最終戦のエリートフィールドが、今年もいよいよやってきた。今季の優勝者と、賞金ランク上位者しか出場することのできない本大会。昨年は「カシオワールドオープン」を終えて出場者ギリギリの30番目で“滑り込み”で出場決めた石川遼が、今年はツアー2勝を上げて早々に参戦を確定。1年前に獲り逃したタイ...

本人も無自覚!? カメラが捉えた一瞬の“絶望”【カメラマンの景色】

インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する。【カシオワールドオープン編】 ミスした後の…アプローチはさすがでした! 最終日に「64」をたたき出し、逆転優勝を果たしたキム・キョンテ(韓国)。最終18番パー5(530ヤード)では、3打目のアプローチを“OK”につけてバーディフィ...

「問われるのは結果だけ」シード陥落に谷口徹が見せた涙の重み【記者の目】

最終日の18番ホール。阿久津未来也が放った数メートルのバーディパットは、カップの横をそれていった。賞金シードへの可能性が、完全に途絶えた瞬間。悔しさに思わず天を仰いだ。 ボーケイのニューウェッジを激写!【写真】 賞金ランク65位までの選手に与えられる賞金シード。同68位で「カシオワールドオープン」を迎えた阿久津は、3日目を終えて27位タイ。最終日の16番を終えて4バーディ・ノーボギーと順位を上げていったが、「...

賞金王争う今平周吾とS・ノリスが初日同組 石川遼は堀川未来夢らとティオフ

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 事前情報◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70> 国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が5日(木)に開幕を迎える。賞金ランキング上位、今年の優勝者などわずか30人が出場できる最終決戦の舞台は、東京よみうりカントリークラブ。幾多のドラマを生み出した名コースで今年も激闘の火ぶたが切られる。 美人フィアンセ・菜々恵さんとこの笑顔【写真】 ...

「同じパターは8本ある」 パター巧者の“鬼”が選ぶ、10年来の1本【勝者のギア】

2016年「〜全英への道〜ミズノオープン」以来のツアー14勝目を飾ったキム・キョンテ(韓国)。アマチュア時代から、その強さゆえに“鬼”とまで呼ばれた男が、今年は苦難の時を送っていた。 シブコと愛がガッチリ握手【写真】 昨年の秋に背中を疲労骨折し、練習も満足に行えない日々が続いた。ようやく痛みが治まったと思ったら、今度は「パターのバックスイングが上がらなくなった」。ツアートップクラスのパター巧者が原因不明...