このエントリーをはてなブックマークに追加

制度変更後最初のQTが終了 注目選手たちの“泣き笑い”【QTファイナルステージ・まとめ】

6日(金)まで行われていた国内女子ツアーの来季出場権をかけた「QTファイナルステージ」。埼玉県のこだまゴルフクラブを舞台に4日間戦い抜いた選手たちの声をお届けする。

泣き笑いのQTを写真で振り返る【写真】

今季から一部を除き正会員しか出場できず、プロテストの規定変更で受験資格の年齢制限が引き下げられたことで高校3年生が出場するなど、大きく制度が変わったQT。それでも泣いた人、笑った人がいたことは変わりがなかった。

■フェービー・ヤオ(トータル15アンダー・1位)※今季シード喪失

「4日間、ずっと緊張し過ぎていました(笑)。来年も日本で試合に出られて本当によかったです。今年はずっとショットが悪かったので、オフにコーチにも相談しながら元に戻ればいいなと思います。まだ台湾での試合が残っているので、緊張はほぐれなさそうです(笑)」

■安田祐香(トータル12アンダー・2位)※今季プロテスト合格、プラチナ世代

「今年最後の試合でショットもアプローチもよく、来年につながるプレーができました。(QTが)始まった時からプレッシャーはありませんでしたし、最終日も貯金があったので、気持ち的には楽でした。オフには1年間のシーズンに耐えられる体をつくれるよう、トレーニングをしっかりしたい。(目標は)まず1勝。(賞金女王は?)それは…、様子を見てですかね(笑)。5年以内にはアメリカで戦いたいです」

■木戸愛(トータル12アンダー・3位)※今季シード喪失

「4日間長かったけど、最後までベストを尽くして戦えたのでいい経験になりました。シーズンが終わってからQTにすぐ気持ちを切り替えて、1週間しっかり準備してここに挑戦しにきたので、いいゴルフができたと思います。悔しいシーズンでしたけど、それもこれからいい経験だったといえるよう頑張っていきたい。しっかりオフに準備して、来シーズンは悔いのないよう笑顔でいられるよう頑張ります」

■東浩子(トータル8アンダー・4位)※今季シード喪失

「最終日が一番自分らしいゴルフができました。グリーンにしっかり乗せてしっかりパー、パットが入ればバーディとリズムよくいけました。ノーボギーは自信になりますね。ここに来たことに意味があると思います。大王製紙エリエールレディスで1打の重みを改めて感じました。今季はゴルフにちゃんと向き合えていないときがありました。チャンスをまたもらえたので、今季の反省を生かしてまた頑張りたい」

■木村彩子(トータル7アンダー・6位)※今季シード喪失

「4日間、特に緊張せずにプレーできました。最終日がオーバーパーだったのはすごく残念ですが、このQTで今の自分の力を試したいと思ったし、それはできました。ショットの調子は戻ってきているので、オフは徹底的にアプローチ、パターのレベルアップを図りたいです」

■河野杏奈(トータル6アンダー・7位)※今季プロテスト合格

「最終日は3番でボギー、5番でバーディのあとに6番パー4でダボを打ってしまった。でもしっかり気持ちを切り替えて、8番、9番のバーディでイーブンに戻すことができ、後半は耐えつつ安全に、というプレーをしました。このコースは昨年のプロテスト第1次予選の会場で3日間ですごく打ってしまった。今年はミスを引きずらなくなりましたし、4日間でアンダーフィニッシュできたので、成長できたかなと思います。来季はシードを獲れるように頑張りたい。うまい人しかいない舞台。私は1年目なので、いろいろと学びながら、結果がついてきたらうれしいです」

■藤本麻子(トータル5アンダー・8位)※今季シード喪失

「1番でバーディを獲りましたが、“出だしのバーディはクソバーディ”とよく聞くので2番からも1番のつもりでやりました。それがよかったですね。この4日間は今できることを精一杯積み上げてやりました。終わったばかりでまだしっかりとは考えられませんが、来季はまずはシードに向けて頑張りたい。とりあえず、ちょっとゆっくりしたいですね(笑)」

■セキ・ユウティン(トータル5アンダー・9位)※今季プロテスト合格

「(77と崩れた3日目は)レギュラーツアーに戻りたいと考えすぎて、リズムを崩してしまいました。それで(最終日の)朝の練習から試合のリズムを意識しながら調整したら、いいスコア(67)を出すことができました。レギュラーのレベルは高い。オフは今まで以上に丁寧に練習して、初優勝を目指していきたいです」

■西郷真央(トータル5アンダー・10位)※今季プロテスト合格、高校3年生

「やっと終わりました(笑)。いくつ伸ばしても“絶対”はないので、気を緩めることができませんでした。でも風があるなかで(最終日)1アンダーで終えることができてよかった。今年のオフは昨年よりトレーニングを積んで、体をつくりたい。来年は試合が毎週あるのでモチベーションがどれだけ保てるかが重要になりそうですね。(ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生)ジャンボさんにはスコアと順位を報告して、試合に向けて頑張りますと報告します」

■川岸史果(トータル3アンダー・12位)

「ホッとしました。うれしさよりも安どがあります。今年フル出場したステップ・アップ・ツアーはティショットが狭いホールが多く、より精度を求められた。そのなかでショット力も上がったし、どうしても苦手なところは刻んだり、柔軟に対応できるようになった。引き続きドライバーの強化とウェッジの精度を上げたい。トップ10に入っている選手は、ショートアイアンでは確実にピンを狙ってくる。私も怖がらずにいけるように自信と精度をつけたいですね。シード復帰したいですし、レギュラーで勝ちたい」

■松森彩夏(トータル2アンダー・16位)

「初日、2日目はショットの距離感が合っていなかったですが、3日目からピタッとくるようになりました。今年はコーチも変えて、心機一転の年だった。あまり試合に出ることができなかったので、QTを目標にやってきて、それをクリアすることができました。ショットの安定感、ショートゲームも含めもっと技術を上げていきたい。シードを獲れるように、少しずついいプレーができれば」

■渡邉彩香(トータル2アンダー・19位)

「不安と期待が半々でQTを迎えましたが、今はホッとしています。4日間通していいゴルフができたのは、すごく自信になった。今季は後半になってショットが復調しているのを感じているので、今やっていることを続けていきたい。まずは開幕にしっかりと備えたいです」

■アン・シネ(トータルイーブンパー・25位)※今季プロテスト合格

「きょうは1番ホールでボギーをたたいてしまって、『きょうもショットが良くないかな』と思ったのですが、2ホール目から下半身をしっかりと使うように意識したところ、そこからは良くなりました。去年まではプレッシャーがありましたが、今年は吹っ切れてプロテスト、QTに挑めて、それが結果につながったと思います。来年は目標を立てないことが目標。目標を立てたからといって達成できるわけでもないし、目標を立てないことで、達成できないわけでもない。一日一日目の前のことに最善を尽くしたいです」

■ささきしょうこ(トータル1オーバー・32位)※今季シード喪失

「この4日間色々ありすぎたので、とりあえずはやっと終わったなという感じですね。ひとまず無事に完走できて良かった。今年は股関節の痛み、寒さもあってかなりしんどい状況ですが、前半戦に出場できる圏内に入れて良かった。これまで勝手に“シード選手”としてのプレッシャーを感じすぎていましたが、QTに出て“これ以上しんどいものはない”と初心を取り戻しました。いい意味でリスタートしたいです」

■ジョン・ジェウン(トータル2オーバー・33位)※今季シード喪失

「今日は後半で4アンダーを出すことができました。プレーだけに集中してやれたのがよかったですね。ロングパットも決まってくれました。今はうれしいよりも安心した気持ちのほうが強いです。大変でしたからね(笑)。来年に向けてしっかり練習して、来年はいい一年になるようにしたいです」

※同スコアの場合は最終日、3日目、2日目のスコアでランクを決定。それでも決まらない場合は最終日18番ホールからのカウントバックを採用

<ゴルフ情報ALBA.Net>