このエントリーをはてなブックマークに追加

“花の高3トリオ”は全員『内定』ゲット! 西郷真央「ジャンボさんにも報告します」【QTファイナル・コメント集】

<LPGA QTファイナルステージ 最終日◇6日◇こだまゴルフクラブ (埼玉県)◇6472ヤード・パー72>

今年のQTを受験した“女子高生プロ”3人が、いずれも来季前半戦にフル出場できるラインとみられる35位以内を突破。レギュラーツアーの“内定”を勝ち取った。

中国美女のユウティンもQT突破【写真】

それがトータル5アンダー・10位の西郷真央(麗澤高3年)、トータル3アンダー・13位の山下美夢有(大阪桐蔭高3年)、トータル1オーバー・28位の笹生優花(代々木高3年)の3人だ。

今年、LPGA(日本女子プロゴルフ協会)のプロテスト規定変更で、受験資格の年齢制限が引き下げられたことで誕生した“花の高3トリオ”。学校の同級生たちが進学、就職と新たな道を歩み始める来春に、3人も女子プロゴルファーとしての第一歩を踏み出す。

■西郷真央

「やっと終わりました(笑)。いくつ伸ばしても“絶対”はないので、気を緩めることができませんでした。でも風があるなかで(最終日)1アンダーで終えることができてよかった。今年のオフは昨年よりトレーニングを積んで、体を作りたい。来年は試合が毎週あるのでモチベーションがどれだけ保てるかが重要になりそうですね。(ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生)ジャンボさんにはスコアと順位を報告して、試合に向けて頑張りますと報告します」

■山下美夢有

「落ち着いてプレーできました。寒いのは苦手です(笑)。すごく緊張していましたけど、自分のゴルフをしようということをずっと意識しました。体が小さい(身長150cm)ので、他の人よりも体力が落ちる。ごはんをたくさん食べて、体を大きくしたいです。目標は58kgです(現在54kg)。来年は上位争いができるように頑張っていきたいです」

■笹生優花

「タフな4日間で、最後まで簡単ではありませんでした。(米国でのプロ転向も視野に入れていたが)来年は日本でしっかりとやりたいです。リランキングも突破して、シードに入り、優勝も目指せるように。来年米ツアーを受けることは、今は考えていません。しっかりと日本で自分のベストを出して、最高のプレーをしたいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>