このエントリーをはてなブックマークに追加

新勢力台頭のなか… 現シード組が千葉で意地!“不死鳥”、“8頭身美女”らが来季出場権に当確ランプ【シード争い動向】

国内女子ツアーは限られた選手のみが出場できる最終戦を含め、ついに残り2試合となった。申ジエ(韓国)、鈴木愛を中心とした賞金女王争いに注目が集まるが、同様に気になるのが賞金シード争いだ。賞金シード獲得は、ランキング50位以内。来年の前半戦出場権を獲得できるのが51〜55位までとなるが、今週の「大王製紙エリエールレディス」でいよいよ決着がつく。

ユン・チェヨンのモデル級ドレスアップ【写真】

2012年から賞金総額が増額し続けている国内女子ツアー。今年のシード権獲得ラインはすでに2400万円を超えており、ハイレベルな争いとなっている。今年は河本結、渋野日向子、S・ランクン(タイ)、稲見萌寧、ペ・ソンウ(韓国)、淺井咲希といった未シード組が優勝。同じく未シードの吉本ひかる、宮里美香、高橋彩華、エイミー・コガ(米国)らも来季のシード入りを確実にしている。

大幅なメンバーチェンジが予想されるが、先週の「伊藤園レディス」では“現シード組”が意地を見せた。その一人が単独2位で大会を終えた大山志保。伊藤園開幕前の賞金ランキングは65位だったが、先週一気に900万円を加算した。これにより通算賞金を2410万8500円として、シード圏内の49位に急浮上。「(結果は)すべて受け入れる」と不退転の覚悟で臨んだ終盤戦で、最低でも来年の前半戦出場権が確定する55位以内を確実なものにした。

このほか4位タイに入った福田真未、ユン・チェヨン(韓国)もそれぞれ41位(約2842万円)、42位(約2767万円)とランクを上げ、ギリギリで来季のシード確保に当確ランプをともした。“8頭身美女”チェヨンはこの結果をうけ、「気が楽になりました。やったー!(笑)」と大喜び。「シードばかり気にしていました。今週なるべく決めたいなと…。疲れました(笑)」と話したが、今週はひとまず不安なしで、ツアー初優勝に向けた戦いへ臨んでいけそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>