このエントリーをはてなブックマークに追加

アン・シネが10月以降の出場へ大きく前進!西山ゆかりも48位に浮上【女子リランキング】

シーズン途中にシード選手以外のTP登録者を賞金ランキング上位順に並び替え、リランキング順位に基づき出場資格を付与するリランキング制度。昨年からスタートしたこの制度も2年目を迎えた。「アース・モンダミンカップ」を終えて、第2回が行われる9月までの出場権が確定したばかりだが、十分な稼ぎのない選手はうかうかしていられない。後半戦に向けての初戦「ニッポンハムレディスクラシック」終了時点の順位をおさらいする。

髪を下ろしたアン・シネも素敵!

今季初の北海道決戦を終えて、第2回リランキングにかかってきそうな選手で大きく順位を上げたのがアン・シネ(韓国)。一昨年には2位発進を決めた大会で、今年は13位タイでフィニッシュ。151万円獲得して、賞金額は約460万円に。前週の49位から33位と大幅に順位を上げた。

また西山ゆかりは11位タイでフィニッシュ。176万円を加算して獲得賞金は約342万円。リランキングも62位から48位と大きく浮上。9月末までは第1回リランキング66位のため、試合数が限られるなかでの戦いとなるが、台風の目となることができるか。

気になる第2回リランキングのボーダーラインとみられるのは600万から750万円のあいだか。昨年の第2回リランキング35位に入った安田彩乃の賞金額は約747万円。40位だった篠原まりあは約584万。今季は「資生堂 アネッサ レディス」が新規で追加され、これよりも高額となるのは必至だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>