このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく自分を信じられる 日本プロ優勝で得たものとは【石川遼 優勝会見コメント】

日本に帰ってきてから、ドライバーを中心に調整を重ねてきた。良くなっている兆しは感じながらも、中々結果が伴わない。その中で、これまで予選落ちが続いていた「日本ゴルフツアー選手権」で今年は20位タイに入った。これが大きなきっかけとなり、その流れで果たした「日本プロゴルフ選手権」での優勝。石川遼にとって、この2試合はどのような価値があったのだろうか。

石川遼、絶叫【写真】

■「ツアー選手権は自信になったと言ったけど、半信半疑だった」

自信をつけることって簡単なことではないと思うし、自信を失うのはあっという間。僕は今年の「カシオワールドオープン」までしかシードがなかったので、それも頭をよぎっていた。ただ、今週になって生涯獲得賞金※使えるかもって気づいて、それで、けっこうほっとした部分があったくらい(笑)。それくらい自分の中では、それが最悪ではないと思うけど、そういう事を最悪だと思ってしまっていた。どこまで自分がよくなれるのか、悪くなるのか誰もわからないし、だからこそ頑張らなきゃと思う。

■「自分の感覚を疑わなくていいんだと思った」

宍戸(ツアー選手権)の経験が、自分では口に出して“あれはよかった、自信になった”と言ったと思うけど、それでも半信半疑なところはあったし、たまたまかもと思っていた。それが日本プロの結果につながってきたというのを受けると、そういう自分の感覚を疑わなくていいんだなと思った。

宍戸で大したことない成績で言うのも情けないけど、(今年は)対自分自身で言ったら良い成績を出せて。宍戸は今年頑張った、すごいやれたなという達成感があったし、それだけ難しいと感じるコースだった。

だから、本当に本心でよくなっていると思ったことに対して、疑う必要がないんだな、というのがひとつ良い経験になった。“よくなっている”と言いながらも、反面そうやって疑う自分もいたし。考えたところで、今となっては何も変わらないんですけどね。宍戸でやってきたことを続けていけば、今週じゃなくても、いつか自分の勝ってきたコースで今のゴルフができれば、チャンスがあるんじゃないかと思っていた。“よくなっている”と言いながらも、反面そうやって疑う自分もいたし。考えたところで、今となっては何も変わらないんですけどね。宍戸でやってきたことを続けていけば、今週じゃなくても、いつか自分の勝ってきたコースで今のゴルフができれば、チャンスがあるんじゃないかと思っていた。

今日の16、17番くらいにきたときに、それが間違っていなかったと思ったし、18番のホールで、本当にいい経験をさせてもらった。

※生涯獲得賞金ランク上位25位内の者は、適応年度として、本人が選択する1年間のツアー出場権を獲得できる。現在、石川は約9億1210万円で16位。

<ゴルフ情報ALBA.Net>