このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで開催に対して不安もあった 鹿児島に向けて抱いた思いは?【石川遼 優勝会見コメント】

記録的な大雨の影響で、開催前まで指宿市には避難勧告が出ていた。練習日やプロアマ戦も行えず、大会本戦も1日遅れで開幕。本戦が始まるころには会場周辺の気象警報は解除されていたが、その中での大会実施に石川遼は不安を抱いている部分もあった。激動の1週間を終えて勝利を収めた今、改めて「日本プロゴルフ選手権」にどのような思いで臨んだのだろうか。

感無量の表情でカップを掲げる石川遼【写真】

■「中途半端じゃだめだなと思った」

今週、練習ラウンドができなかったけど、(大会主催の)岩崎さんから、“このコースはたぶん合っていると思うよ”と声をかけて頂いて。まわったことがなかったので分からない状態で回ったけど、全体的なホールのレイアウトは本当に好き。グリーンも難しくて、ピンもいろんなところに切れて、グリーンはピンポイントで狙っていかなきゃいけない。バンカーもアゴが高くて砂質もすごく難しくて、いいライに止まりにくい。そこが苦労したけど、トーナメントコースだなという感じ。

本当に、特にこの地方は大変な1週間だったと思いますし、開催することに対して色々な意見があったと思うんですけど、直前まで気持ちを切り替えようと必死にしていたくらいだった。

でも、本当に開催されるとなったときに、やるからには絶対にここを盛り上げなきゃいけないと思った。中途半端じゃだめだなと思ってしまって。魅せようとか、そういうことではなく。自分のコンディションも悪くなかったと思うし、モチベーションが噛み合った。

金曜の初日は、やっぱりお客さんが見に来れないのかなと思った。市内からもそうですし、九州の皆さんも、見に行こうと予定していた人で来られなかった人がいたと思うし、実際そうなんだなって感じた部分もありました。

でも天気も回復してきて、交通インフラも整い始めて、元通りになりつつある中で、今日もたくさんの人に観に来て頂いて少しほっとした部分が今日の光景でありました。ギャラリーも近かったので、『音がすごいな!』という声も聞こえてきました。長い間、ここでレギュラーツアーをやっていなかったと実感したし、そういうものを背に受けながら、頑張らないと、と思ってやっていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>