このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアの新旧世界1位による優勝争い 上原彩子は32位、畑岡奈紗は39位

<ソーンベリー・クリークLPGAクラシック 3日目◇6日◇ソーンベリー・クリーク(米ウィスコンシン州)◇6646ヤード・パー72>>

米国女子ツアー「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」は、トータル20アンダーで世界ランク1位のパク・ソンヒョン(韓国)のほか、フォン・シャンシャン(中国)、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ティファニー・ジョー(米国)の4人がトップに立った。アジアの新旧世界1位が優勝を争う展開になった。

バネで飛ばす畑岡奈紗のドライバースイング【動画】

1打差の5位にヤーリミ・ノー(米国)が続く。トータル18アンダー・6位タイにミナ・ハリガエ(米国)、エイミー・ヤン(韓国)がつけている。

日本勢は上原彩子がトータル11アンダー・32位タイ、畑岡奈紗はパープレーでトータル10アンダー・39位タイにとどまった。

【3日目の成績】

1位T:フォン・シャンシャン(-20)

1位T:アリヤ・ジュタヌガーン(-20)

1位T:パク・ソンヒョン(-20)

1位T:ティファニー・ジョー(-20)

5位:ヤーリミ・ノー(-19)

6位T:ミナ・ハリガエ(-18)

6位T:エイミー・ヤン(-18)

<ゴルフ情報ALBA.Net>