このエントリーをはてなブックマークに追加

松山英樹は第2Rを「72」 トータル1アンダーでホールアウト

<プレーヤーズ選手権 2日目◇15日◇TPCソーグラス(米国フロリダ州)◇7189ヤード・パー72>

“第5のメジャー”と呼ばれ、賞金総額1250万ドル(約14億円)がかかるビッグトーナメント「プレーヤーズ選手権」。第2ラウンドが行われており、松山英樹は「72」でホールアウトしている。

松山英樹 飛んで曲がらないドライバースイングのヒミツは“ねじれ”【連続写真】

トータル1アンダー・53位タイ発進となった松山は、第2ラウンドを2バーディ・1ダブルボギーとイーブンパーでフィニッシュ。トータル1アンダーで現在76位タイとなっている。

小平智は2オーバー・104位タイからスタートし、1バーディ・5ボギーの「76」と後退。トータル4オーバーで、現在131位タイ。首痛で先週の大会を欠場し、3週ぶりの出場となるタイガー・ウッズ(米国)は2アンダー・35位タイからのスタート。5バーディを奪うも17番・パー3でトリプルボギーを叩き、「71」でフィニッシュ。トータル3アンダー・32位タイとなっている。

現在単独首位に立つのは、トータル12アンダーでプレー中のトミー・フリートウッド(イングランド)。首位と2打差・2位にブライアン・ハーマン、3打差・3位タイにはジム・フューリク(ともに米国)、イアン・ポールター(イングランド)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>