このエントリーをはてなブックマークに追加

16番のダボに悔しさをにじませる松山英樹 「上がり3ホールがもったいなかった」

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 初日◇10日◇ワイアラエCC、米国ハワイ州◇7,044ヤード、パー70>

「16番のティショットが、その後のミスに繋がったと思う」

初日に松山英樹が握った“AIドライバー”がこれだ

15番ホールまで4アンダーで回りながら、16番のダブルボギー、さらに17番のボギーで大きくスコアを落とした松山英樹は、こう口にして唇を噛んだ。快調だったラウンドも終わってみれば、5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「69」。1アンダー・52位でのホールアウトとなっただけに、そのつまずきの原因となったプレーを悔やんだ。

午後にアウト(1番)からスタートした松山は、5番パー4でボギーを喫するも、続く2ホールで連続バーディ。9番でも1つスコアを伸ばし、2アンダーで前半を終えた。バックナインでも、11、12番と連続でバーディを奪いトップ争いに食い込んだ。

ところが16番パー4から流れが一変。2打目を右手前のガードバンカーに入れると、グリーン際に落ちた3打目はそのまま右奥のバンカーへ。結局このホールをダブルボギーとしてしまう。続く17番パー3でもボギー。さらにバーディチャンスホールの18番も取り切れず、重たい足どりで初日のラウンドを終えることになった。

「良いショットも、悪いショットも、良いパットも悪いパットもあった。最後はちぐはぐしてしまった」と後味の悪さを残す一日となってしまったが、それでも「いいところもあったけど、悪いところも結構目立っていたので、それをしっかり修正できれば良い位置で回れるかなと思う」と課題も明白に。まだ初日とあって、巻き返しのイメージも頭に描けている。

また、その手に握られていたドライバーにも視線が集まった。距離が短いホールや、ドッグレッグが多かったりと、ドライバーを使う機会が少ないワイアラエCCで練習ラウンドから様々なドライバーを試していた松山。様々な憶測が飛び交うなか、初日はキャロウェイが1月8日に発表した『EPIC FLASH』を握った。この日のドライビングディスタンスは323ヤードを記録。明日以降も、その新相棒から繰り出されるショットが話題となりそうだ。

予選通過がかかる2日目はインコースから、現地時間午前7時50分(日本時間12日午前2時50分)のスタート予定となっている。「今日悪かったところを修正できればいいなと思う」。2019年の初戦で最高の結果を残すため、一度ネジを巻きなおし、第2ラウンドのティオフに向かっていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>