このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の『M5』に『FLASH』、キャメロンの新作も ハワイでレアものを大調査!

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇9日◇ワイアラエCC、米国ハワイ州◇7044ヤード、パー70>

松山英樹に小平智。昨年の国内男子ツアー賞金王の今平周吾にアジアナンバー1アマチュアの金谷拓実ら日本勢のトップが出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」には、選手はもちろんのこと、各クラブメーカーも大挙して押し寄せている。

【写真】テーラーメイドの最新ドライバーを激写!

先週は昨年のチャンピオンのみが集まる大会だっただけに、出場選手は34人と絞られていたが、2019年初のフルフィールドで行われる本大会には、各社新製品を持ち込んで、新作のPRに余念がない。

練習日に、各社担当者が新作を選手に渡している姿は恒例となっているが、目を引いたのはすでに日本でも発表となっているキャロウェイの『EPIC FLASH』や、近日日本でも発表予定のテーラーメイドの『M5』と『M6』。

これまでにない大きな飛びを実現するという“外ブラ”2社の新作には、選手も興味津々。すでに先週のセントリーでお披露目となっている両社ニューモデルで結果を残した選手も。ザンダー・シャウフェレ(米国)は、キャロウェイの『EPIC FLASH』ドライバーと『APEX』のニューアイアンで優勝を果たし、ダスティン・ジョンソン(米国)やローリー・マキロイ(北アイルランド)らテーラーメイド勢は『M5』、『M6』を導入した。

とはいえ、多くの選手にとってはバッグに入れたばかりのギアで結果を出すのは…。早速『EPIC FLASH』を使っていた米国男子ツアー2勝のキム・シウー(韓国)に本当のところを聞いてみた。

「ボールスピードも上がったよ。ややトゥ寄りで打つと飛距離が出るね。安定感もある。打感も好きだし、スピンも減って弾道も高い。飛ぶよね」と2カ月ほど前からテストを重ねてきた新作への信頼はすでに高そうだ。

また、ドライバーだけでなく、グリーン上で活躍する新作パターも増えそうだ。こちらも近日発表予定のテーラーメイド『SPIDER』シリーズ最新作には、日本から出場する星野陸也も興味ありあり。

「打ってみたらコレ、すごいです。ストロークしやすいし、フェースバランスの角度が自分に合っている。打感もいいですね!ボールもよく転がってくれます。ヘッドのサイズも少し小さくなっているので気にならないです」と、いきなりの実戦投入も匂わせるコメントを残してくれた。

パターといえば、こちらも大きな注目を集めていたのがご存じスコッティ・キャメロンのニュープロトタイプ。洗練されたシンプルなイメージにデザイン性を加えた新作は、アドレスでの座りの良さを実感できる一風変わったデザインのマレットタイプ。「現時点では2機種で、将来的にはこのタイプは増えると思う」と同社担当者はいう。

「打感も硬すぎず柔らかすぎず、音も高すぎず低すぎずという万人に受けるタイプ」。素材にもこだわり、アルミとステンレスが使われているという。「市場に出回るのは4月くらいかな。今度のPGAショーで詳しく公開する予定だよ」と同社の担当者が話すとおり、こちらは世界中のキャメロンファンが待ち望むことになりそうだ。

大会は日本時間の今夜未明からスタート。これらの新作が新年を飾るにふさわしい熱い戦いを支えるのか。大会中も目を光らせ、追って詳報をお届けしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>