このエントリーをはてなブックマークに追加

「コツコツ上位に入ってシードを」 “日本の賞金王→海外進出”を目指す今平周吾の野心

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇9日◇ワイアラエCC、米国ハワイ州◇7044ヤード、パー70>

米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」は、開幕前日となった現地時間9日(水)にプロアマが行われた。昨季の日本ツアー賞金王・今平周吾も出場し、9ホールをプレー。本番が行われるコースで最終調整を行った。また、改めて4月に行われる海外メジャー初戦「マスターズ」出場権獲得の喜びや、思い描いている未来について語った。

賞金王決定で“美人フィアンセ”とのツーショット写真におさまる今平周吾

出場を目指していたマスターズのチケットを手に入れ、心機一転ハワイでの2019年初戦に臨む今平。出場決定後初の試合となるが、これについては「あまり(これまでと)変わらない」と心境そのままに過ごしていることを強調した。

調子については「昨日まではいまいちだったけど、今日はまずまず。ティショットが良くなって、アイアンはもう少し。でも許容範囲なので大丈夫だと思います」と順調な様子。「フェアウェイが硬いし、アイアンのタテの距離だったり、色々と考え過ぎると難しい。ただ他の海外のコースに比べるとクセはないと思う」とコース攻略にも自信を示した。

前日に、特別招待で初のマスターズ出場が明らかとなったが、発表から一夜明けたこの日、改めて「うれしいです。色々な人から『おめでとう』というメッセージがきました」と素直なよろこびを口にした。今平本人は事前に特別招待が得られることを知っていたが、「オーガスタから発表があるまで、公表はしないように」と口止めされていたため公にはできず。「おしゃべりなので(出場決定を)黙っていた」という母親が、ニュースで朗報を知り連絡してきたことが一番うれしかったと笑みを浮かべた。

3カ月後に迫っている大舞台。「まだ実感はない」と話すが、すぐに本番はやってくる。ここからはオーガスタでのプレーをイメージし調整、試合に取り組んでいく。スケジュールは「出る予定の試合は変えずに、出られる海外の試合はこれからも出て行くと思う」と、大きく見直す部分はなさそうだが、「4月に(最初のピークを)持って行けたらいいなと思います」とここからキッチリと仕上げていく。

「毎年、去年より良くなるようにと思ってプレーしている。今年の目標は3勝」と具体的な照準も設定。そして、視線の先には“海外進出”を捉えている。

「(米ツアーで)優勝はなかなか難しいですが、コツコツと上位に入って、できればシードが獲れたらいいなと思います。2年ほど(米国に)住んでいたこともあるし、米ツアーは好きです」

若き日本の賞金王はさらなる飛躍を目指し、ここハワイから夢への一歩を踏み出していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>