このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンボからもらったパターで気分一新! 原英莉花はシード権獲得に向けひた走る

<富士通レディース 事前情報◇11日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,675ヤード・パー72)>

原英莉花が先週の「スタンレーレディス」での“トラウマ”を、師匠のジャンボこと尾崎将司から譲り受けたパターで払拭する。

プロアマで元気ハツラツの原英莉花【大会ライブフォト】

「富士通レディース」開幕前日。原は「パットにいいイメージが湧かない」と弱気ともとれる言葉をこぼした。その原因は、先週の試合にある。2日目の16番パー3で、ティショットをピン8mの位置につけたものの、そこから4パット。このホールをダブルボギーとしてしまい、優勝もうかがえる位置から後退してしまった。

そこで「気分が“チーン”ってなってしまったので気分転換ですね」と、先週使用したピン型ではなく、オデッセイのマレット型パター「オーワークス ブラック 3T」を携えグリーンに上がる。このパターは、ジャンボから譲り受けたもので、カバーには『JUMBO333』という刺繍も入っている。さらに、今年3月のステップ・アップ・ツアー「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」を制しプロ初勝利を挙げた際に使用した優勝パターでもある。

このパターでいいイメージを思い起こしたうえで、「攻め方のメリハリ」と「急な雨風への対応力」も意識したいと原は語る。先週の4パットの場面では強い風が吹いたことで「自信を持って打ち出せなかった」と悔やむだけに、そんな思いが強くなっていった。

現在の賞金ランクは50位。来季シード権獲得の当落ライン上に立っている。この状況については「プレッシャーがかかった方がいいと思う…。もちろん(シードを)意識はしています」とキッパリ。「決めきれない自分に腹が立つ。それを反省の糧に頑張ります」と、残り400万円ほどと予想されるシード獲得への“当確ランプ”を一気に灯すため、自らを鼓舞して開幕を迎える。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>