このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なホステス大会で再び 新垣比菜は清水重憲氏をキャディに起用「アドバイス通りに打てれば」

<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇13日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6446ヤード・パー72)>

今年はじめにマンシングウェアとウェア契約を結んだ新垣比菜。「しっかりと結果を残したい」とホステスプロとして挑む「マンシングウェアレディース」で、9月上旬に出場した韓国女子ツアーのメジャー大会「ハンファクラシック」でもタッグを組んだ清水重憲氏をキャディに起用した。

【関連写真】ボミが!ハヌルが!桃香が!ホステスプロたちがドレスアップ!

この日はプロアマで最終調整。「ラフは結構きついですが、フェアウェイキープをできればチャンスは来ると思う。あとはパッティングを入れられれば」とコースを分析。「今日は調子が良かったので、これを維持していきたい。3日間とも60台を出したい」と強気の目標を設定した。

その裏には清水氏に対する信頼もある。「清水さんの言ったとおりに打てればいいスコアが出ると思う。アドバイスどおりできるように頑張りたい」。6月の「アース・モンダミンカップ」で初めてコンビを組んで以来、何度もラウンドしてきたことでお互いのこともかなり分かってきた。

「優勝争いできるように頑張りたい」と最後まで高いところを見据えた新垣。最多勝キャディの後押しを受けて、ホステス大会で今季2勝目を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>