このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼の居ぬ間に… 小祝さくらはレイトショーで気分転換に成功

<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇13日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6446ヤード・パー72)>

先々週の「ゴルフ5レディス」ではプレーオフまで進出し惜敗。先週の「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」では首位タイ発進から、最終的には6位タイでフィニッシュ。善戦実らず初勝利をものにできない小祝さくら。いずれの大会でも、小祝の優勝を阻んだのが申ジエ(韓国)だった。

【写真】小祝さくらはドレス姿で照れ笑い

あした14日(金)に開幕する「マンシングウェアレディース東海クラシック」を前に、意気込みを語った小祝。今週はジエが右手首痛のため無念の欠場となり、“小祝ストッパー”は不在だが、「毎週うまくはいかないと思います。1ホール1ホール取り組むだけです」と、至って冷静。“鬼”のいぬまに初優勝といった青写真も、もちろんこの段階では描くことはない。

連戦に加え緊張の上位争いが続く小祝。激闘の女子プロ選手権が終わり当地へ移動した今週月曜日。映画を観て、いっときのリフレッシュに成功した。「レイトショーに行きました。観た映画は『SUNNY 強い気持ち・強い愛』です。今年観た中で1番良かったです。感動します。最初は洋画だと思ったのですが、邦画でした(笑)」と、おっとりと映画鑑賞を振り返った。

今週はウェア契約を結ぶデサントが主催とあって、8月の「ニトリレディス」以来のホステスプロとして臨む。「予選は通過したい気持ちは強いのですが、いつも大事な試合でつまずくことが多いので、しっかりと予選通過したいです」と控えめに話す。「ショットがそこそこで、パットが入ってくれれば、いい感じだと思います」と、まずは最低目標の予選通過を目指し、そこから徐々にギアを上げて、初優勝へと近づきたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>