このエントリーをはてなブックマークに追加

<速報>全米プロ初日、午前組の松山英樹と池田勇太が2アンダー・10位タイでホールアウト

<全米プロゴルフ選手権 初日◇9日◇ベルリーブCC(7,316ヤード・パー70)>

今季最後の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」初日。松山英樹が2バーディ・ノーボギーの「68」で回り、2アンダー。ホールアウト時点で10位タイとしている。

松山からタイガーまで 練習日を写真でおさらい【全米プロフォトギャラリー】

10番からスタートした松山は、16番までパーを重ねると17番で初バーディ。折り返した1番でもバーディ。その後はチャンスをものにできずオールパーとしたが、アンダーパーで上々の滑り出しを見せた。

そのほかの日本勢では、池田勇太が3バーディ・1ボギーの2アンダーでホールアウトし、松山と同じ10位タイとしている。今平周吾は2オーバー・50位タイ。宮里優作は6オーバーと大きく出遅れている。小平智と時松隆光は現地時間午後のスタートとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>