このエントリーをはてなブックマークに追加

<速報>メジャー制覇に向けて松山英樹が「全米プロ」をパーでスタート

<全米プロゴルフ選手権 初日◇9日◇ベルリーブCC(7,316ヤード・パー70)>

2018年の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が開幕。メジャー制覇が期待される松山英樹もスタートし、10番をパーとして飛び出していった。

練習日の模様は特選フォトギャラリーでチェック【全米プロフォトギャラリー】

リッキー・ファウラー(米国)、イアン・ポールター(イングランド)とスタートした松山。スタート前には笑顔を見せるなどリラックスした様子を見せた。ティショットは右のファーストカットに止まり、セカンドをグリーン手前にショートしたものの難なくパー発進とした

今季はケガの影響もあり、思うような成績を残せていないが、昨年大会では優勝争いのすえに5位タイ。16年には4位タイに入っている本大会。悲願のメジャー優勝に向けて大きな期待がかかる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>